裏ビデオ・裏DVD

提供: SMpedia
移動先:案内検索

裏ビデオ

1978年 (昭和53年)にビクターがビデオカメラとビデオレコーダーのシステムを50万円台、続いて日立が40万円台といった低価格で売り出し、少ない投資でビデオ作品が製作できる環境が整う[1]

1979 (昭和54年)年、日本の裏ビデオ第一号とされる『星と虹の詩(うた)』が作られる。[1][note 1][note 2]

1980年代初期、『アベック受難』『野外の女』『裸の天使』『赤いカーペット』『夜明けのトランペット』などが出回る[1]

1982年(昭和57年)、『洗濯屋ケンちゃん』[note 3]で裏ビデオの大ブーム。

1980年代中期、田口ゆかりの『サムライの娘』「ザ・キモノ』[note 4][1]。これに続く名作としては、『コンバット 恐怖の人間狩り』[note 5]『青い体験』『セーラー服とカービン銃』などで、それまでのものに比べ、丁寧な作品作りとなる。

脚注

ノート

  1. 78年説、80年説、81年説もあるようだ。
  2. ちなみに表のアダルトビデオの第一号は、1981年 (昭和56年)5月に日本ビデオ映像から発売された『ビニ本の女・秘奥覗き』と『OLワレメ白書・熟した秘園』の2作とされているので、ビデオ作品では裏ビデオが一歩先を行く。
  3. TV関係者により製作されている。監督は『ケーキ屋ケンちゃん』(1972年(昭和47年)頃、TBS)に出演していた藤井智憲。製作は『コメットさん」(1967年(昭和42年)頃、TBS)の監督の出口富雄。主演は武智鉄二監督『高野聖』(1983)の主役の久野一之。主演女優は吉祥寺のジャズ喫茶「サムタイム」の女従業員。10万本売れた名作。
  4. 米国での合法販売を目的で製作された作品。
  5. これも巷ではTV関係者による制作と噂されている。主演、秋元エリカ。