英知出版

提供: SMpedia
移動先:案内検索

えいちしゅっぱん。1970年代から2007年まで活動した出版社。

概説

山崎紀雄により設立された出版社。

歴史

1973年:ホーチキ商事株式会社出版部としてホーチキ出版を設立

1977年:分離独立し、株式会社英知出版と改称

1981年(昭和56年)、山崎紀雄が『英知出版』を買い取る[1]

1982年:本社を神田より新宿区西新宿に移転、英知出版株式会社に商号を変更

1983年:本社を新宿区西新宿より新宿区新宿1丁目に移転

1984年(昭和59年)、『JUSTAGE』創刊。編集人:上田康彦、発行人:上田康彦

1986年:本社を新宿区新宿1丁目より新宿区愛住町に移転

1993年(平成5年)4月30日、『GOKUH』4月号増刊として『TOPAZ』創刊。

1995年:本社を新宿区愛住町より新宿区神楽坂に移転

2000年(平成12年)、山崎紀雄が『英知出版』を売却[1]

2001年:ゼィープラス株式会社(現・セブンシーズホールディングス株式会社)が全株式を取得

2002年:プライムメディア株式会社が全株式を取得

2004年:有限会社ティーケーパートナーズが全株式を取得(株式は同社子会社のスタジオ英知株式会社が保有)

2005年:本社を新宿区神楽坂より渋谷区神宮前に移転、男性向け雑誌発行部門を株式会社ジーオーティーに営業譲渡

2007年3月30日、事業停止

2007年4月19日、東京地裁に破産を申し立て

所在地

東京都新宿区愛住町13-10 (1993)

東京都渋谷区神宮前5-38-4

代表的な雑誌・書籍

雑誌

ビデオボーイ

Beppin

大べっぴん

デラべっぴん

書籍

エピソード

引用文献

注釈

お役立ちweb

つながり