神保朋世

提供: SMpedia
移動先:案内検索
神保朋世 風俗草紙1953年(昭和28年)12月増刊号より

じんぼ ともよ、1902年(明治35年)4月25日- 1994年(平成6年)

概要

大正・昭和の挿絵画家。鰭崎英朋、伊東深水に学び美人画を得意とする。

別名

神保貞三郎、神保ともよ

略歴

1921年(大正10年)頃、初めて雑誌に挿絵を描く(その前にも単行本の挿絵を描いていた。初の画料は1枚3円50銭)[1]

エピソード

  • 趣味の俳句についてはセミプロの腕前を自認している。
  • 旅行、長唄、碁、将棋、浮世絵収蒐集など、幅広い趣味を持っている。

代表作

  • 神保朋世美女の逆吊り風俗草紙1953年(昭和28年)12月増刊号, グラビア
  • 五味康祐「まん姫様捕物控」(『週刊新潮』昭和43年10月19日号~昭和44年5月24日号)の挿絵。

引用文献

  1. 『講談倶楽部』掲載の「女の仇討」

注釈


お役たちweb

つながり