梅亭金鵞

提供: SMpedia
移動先: 案内検索

ばいてい きんが, 1821年(文政4年5月2日 - 1893年)(明治26年)6月30日

概要

文筆家。幕末から明治にかけての滑稽本・人情本作家。SM具のはしりとも言える『發花杖』を考案している[1]。柳剛流の剣術使いでもある。

別名

吉田政和(旧姓)、瓜生政和(本名)、金鵞大人、吾妻雄兔子、吾妻男一丁、熊三郎、梅亭蕩人

略歴

1821年(文政4年5月2日、両国に柳剛流の剣客吉田勝之丞を父として生まれる。

瓜生家の養子になってから戯作界に入って松亭金水[注 1]に師事。

主な作品

  • 春宵風見種
  • 団団珍聞
  • 寄笑新聞

トピック

  • 酒井潔『らぶ・ひるたぁ』(文藝市場社, 1929)の中で梅亭金鵞が考案したとされる『發花杖』が紹介されている。これは竹と紐で作る女性の責め具の一種で、初期のSM道具の1つと考えて良い[1]

引用文献

  1. 1.0 1.1 村田誠一奇具研究「發花杖奇譚クラブ 1953年(昭和28年)10月号, p32

注釈

  1. 江戸時代の人情本作家。

お役たちweb

つながり