桃川燕雄

提供: SMpedia
ナビゲーションに移動検索に移動
  • 安藤鶴夫百花園にて』の中に講釈師桃川燕雄の看病に「亡き伊藤晴雨氏の娘さんの菊さんがついた。晴雨さん以来、ひきつづいて燕雄のめんどうをみたひとである」との記述がある。