板東勝代

提供: SMpedia
移動先:案内検索

ばんどう かつよ、1893年(明治26年)頃-不明

概要

伊藤晴雨の初恋の女性。当時は女子供役者[1]

別名

略歴

1906年(明治39年)頃、当時開盛座に出入りしていた伊藤晴雨が恋に落ち、板東勝代の母親と3人で向島須崎町で同棲生活開始[1]

1906年(明治39年)頃、日本橋横山町の輸出貿易商『大膳』で金属器のデザインをしていたがすぐにクビになり、板東勝代との生活も半年で終わる[1]

エピソード

  • 浅草の宮戸座の人気子役[1]
  • 宮戸座の座頭は沢村源之助。役者は市川鬼丸(浅尾工左衛門)、中村時蔵(中村歌六)、嵐芳三郎[1]

代表作

引用文献

注釈


お役たちweb

つながり

伊藤晴雨