東京倶楽部

提供: SMpedia
移動先:案内検索
1985年(昭和50年)頃の東京倶楽部ぼくの近代建築コレクション より)。
戦前の東京倶楽部とその周辺の娯楽施設地図(「写真にみる昭和浅草伝」より)。

とうきょうくらぶ。浅草1丁目にあった映画館。終戦月である1945年(昭和20年)8月に伊藤晴雨が早くも『浅草名物見世物展』として挿絵芝居「紅皿欠皿」を展示している。

概要

大正時代から1991年(平成3年)まで、現在の浅草1-25に存在した映画館。終戦直後の1945年(昭和20年)8月に伊藤晴雨東京倶楽部で『浅草名物見世物展』挿絵芝居「紅皿欠皿」を展示していた記録が残る。

別名

東京クラブ

所在地

東京都台東区浅草1-25

歴史

1913年(大正2年)、映画館として根岸興行部によりオープン。

1923年(大正12年)、 関東大震災で壊滅、松竹傘下に。

1931年(昭和6年)、改築。この時の建物は解体時まで残る。

1945年(昭和20年)8月、伊藤晴雨が終戦直後、浅草東京倶楽部の地下で『浅草名物見世物展』での挿絵芝居「紅皿欠皿」を製作[1]

1991年(平成3年)11月、閉館。跡地はROX3となる。

エピソード

  • 戦前から、すでに西洋物の2番館[2]
  • 「入場料700円は浅草で最も安い。17時からは500円に、20時からは300円と割引になる。2階の映写室にはフジ・セントラルの旧式映写機が。3階の客室からはスクリーンは、はるか下に小さく見える。ウチコミ(開場)は平日が10:30、土日が10:00。終了は21時で、1回目の上映は終了時間に合わせて途中から。馬券を買う人も早朝割引500円で入ってくる。1回だけは外出できる。」枝川公一著『ふりむけば下町があった』(新潮社、1988)[2]

つながり

引用文献

  1. 安藤鶴夫『浅草六齣』in 『演劇界』(1945)
  2. 2.0 2.1 ぼくの近代建築コレクション:東京クラブ/浅草1丁目

注釈

お役たちweb