木川ヌードショー劇場

提供: SMpedia
ナビゲーションに移動検索に移動
1969年(昭和44年)に木川ヌードショー劇場にて映画「徳川女刑罰史」の一場面『処刑』。出演:忍好子。構成:関五郎

なまえ

概要

別名

木川劇場 十三ミュージック 木川ヌードショー劇場

所在地

大阪府 大阪市 淀川区 十三東3-4-29[1]

歴史

1958年(昭和33年)、開館[2]

1968年(昭和43年)、新装開館、総工費1800万円、450人収容[2]

1969年(昭和44年)8月頃、木川ヌードショー劇場にて映画「徳川女刑罰史」の一場面『処刑』。出演:忍好子。構成:関五郎[3]

1979年(昭和54年)5月末、閉館[2]

1979年(昭和54年)6月21日、十三ミュージックに改称して再オープン[1]。杮落しの当日淀川署の手入れ[2]

2012年(平成24年)11月28日、閉館[1]

2013年(平成25年)4月1日、大宗演劇の劇場として木川劇場が復活[1]

エピソード

引用文献

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 @劇ジェロNOW
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 2.4 cobanobuのブログ「木川劇場」
  3. 週刊ファイト1969年(昭和44年)8月25日号広告より

注釈

お役たちweb

つながり

ストリップ ストリップ劇場