抒情文芸

提供: SMpedia
移動先:案内検索
抒情文芸1967年(昭和42年)8月号。表紙は浜田伊津子

じょじょうぶんげい。「裏窓」の編集長の座を濡木痴夢男に譲った須磨利之は1963年にSMと正反対の清純文芸雑誌『』を創刊。1966年に『抒情文芸』に誌名変更し69年頃まで。

概要

須磨利之が編集人で久保書店から発行されていた少女向け文芸誌『』が1966年(昭和41年)3月に改題された雑誌。SMとは全く関係のない雑誌である。

発行年・出版社

1966年(昭和41年)3月号、久保書店

発行人・編集人

発行人:久保藤吉

編集人:須磨利之

主な出来事

1963年(昭和38年)、『』が創刊。

1966年(昭和41年)、3月号から『抒情文芸』と改題。

エピソード

  • 久保書店の住所は東京都中野区松が丘2−21
  • 「本誌は、清純な香気に満ちた抒情文芸を、あなたの心の友として捧げる雑誌です。」とある。
  • 1969年頃には廃刊になったもものと思われるが、当時の愛読者によって、1976年(昭和51年)12月に季刊誌として抒情文芸刊行会から復刊されている。
  • 挿絵は 浜田伊津子、下高原千歳、吉原澄悦、上西康介、日吉雛子、御影信、穂積和夫
  • 川上宗薫が執筆している。

引用文献

注釈

お役たちweb

つながり