怪談敷島譚

提供: SMpedia
移動先:案内検索

かいだんしきしまものがたり

概要

河竹黙阿弥の歌舞伎作品。序幕、枕探し[注 1]の罪をなすりつけられた花魁の傾城敷島が折檻され殺される。後に幽霊となり、何度が芝居中に登場する。伊藤晴雨のお気に入り。「四谷怪談」と並ぶ、歌舞伎の怪談もの。

別名

敷島、敷島譚、好色芝紀島物語、怪談五月晴、傾城敷島物語、新吉原恨怪談

歴史

1872年(明治2年)3月、守田座で三世沢村田之助が初演[1]

1913年(大正2年)、蓬莱座による『怪談敷島譚

1916年(大正5年)、無声映画『怪談敷島譚』(小林商会)(出演:市川海老十郎 市川介十郎 市川桔代三郎)

1920年(大正9年)、大阪・浪花座で二世延若。

1968年(昭和43年)、大阪・朝日座で坂東竹三郎、片岡孝夫

2001年(平成13年)、大阪・松竹座で七代目市川染五郎、中村梅玉

あらすじ

  • 敷島は吉原三浦屋の人気花魁。三浦屋の女将は、敷島のかつての同僚である「お玉」。敷島に嫉妬心をもつ。
  • 三浦屋で「枕探し[注 1]」が相次ぎ、やり手婆の「お爪」とお玉の恋人である「源四郎」が敷島に無実の罪をなすりつけ、娘ともども残虐な折檻で殺される。
  • 悪事がばれたお玉お爪源四郎は三浦屋を追われ、府中で女郎屋を始める。
  • 敷島の恋人である「藤代屋十三郎」や父親「五平次」はお玉お爪源四郎を捜す。
  • お爪は殺され、源四郎お玉に殺される。

トピック

  • 河竹黙阿弥が沢村田之助のために作った作品。
  • 初演時、沢村田之助は脱疽で片足を切断していた。その後さらに脱疽が悪化し、四肢すべてを失った。
  • 伊藤晴雨の「一代の人気女形 三代目沢村田之助」と題した作品がSM秘小説1983年(昭和58年)1月増刊『秘画秘本傑作集』に再掲されている。解説は美濃村晃

引用文献

  1. 吉田弥生『江戸歌舞伎の残照』(文芸社, 2004)

注釈

  1. 1.0 1.1 客が寝入ったのを見計らって金を盗む

お役たちweb

つながり

伊藤晴雨 SMショーの歴史