幹縄

提供: SMpedia
移動先: 案内検索

みきなわ

概要

縄が作る形に由来する要素語の1つで、木の幹をイメージして命名されていると思われる。吊りをする時に、テンションを体全体に分散させる目的で加える縦縄。複数の横縄にからませながら腰から肩をはわせて形成させる。例えば、太腿の付根の腰襷から始まって、後手高手小手などの横縄などを編み込みながら上昇し、肩を通り後手の腕の下を通り腰襷を経て足縄で終わるもの。

別名

英語表記

Mikinawa

解説

参考となる緊縛教材(印刷物)

参考となる緊縛教材

引用文献

注釈

お役たちweb

関連ページ

四ツ菱 小目 亀甲 一文字 十文字 X字 Y字 縦縄 横縄 襷縄 幹縄 変形