山原清子

提供: SMpedia
移動先: 案内検索
山原清子 より

やまはら きよこ。1960年代の奇譚クラブのモデル。15才の時から入れ墨を彫り奇譚クラブ主催の「山原清子の刺青完成会」も開催。S性も強いモデルとして人気を博す。

概要

奇譚クラブ 天星社(白表紙)時代のモデル。愛知県出身の芸妓。SM好きの最初の旦那の影響で15才の時から入れ墨を彫る。Mのみだけでなく、Sもこなしていた。

略歴

1942年(昭和17年)ぐらいの生まれ[1]

1964年(昭和39年)12月号から1966年(昭和41年)7月号まで分譲写真が発売[2]

1964年(昭和39年)12月号, p190辻村隆カメラハントに登場。

1965年(昭和40年)6月27日、 山原清子後援会主催の第1回座談会が大阪で開催。箕田京二辻村隆他18名が参加[3]

1965年(昭和40年)頃、賀山茂奇譚クラブ主催の「山原清子の刺青完成会」に出席している。

1965年(昭和40年)9月27日、 山原清子後援会主催の第2回座談会並びにSMプレイ鑑賞会[4]

1965年(昭和40年)、奇譚クラブ1965年(昭和40年)6月号に京都女斗菊『山原清子さんの刺青フォトの感銘』

1966年(昭和41年)1月、奇譚クラブ1966年(昭和41年)1月号, p198辻村隆辻村隆山原清子対談 宴はてて』[注 1]

赤井保『山原清子に寄せる幻想』奇譚クラブ1969年(昭和44年)2月号

1969年(昭和44年)10月号の「編集だより」には「スナックバーのマダムとしておさまっている」とある。

1971年(昭和46年)4月号のサロン我楽記にスナック訪問記が載っている。

1972年(昭和47年)2月号のサロン我楽記にスナック「サニー」を訪問したことが記されている。「S性はいよいよ強烈になっている」と評されている。

山原清子『刺青と女体責め』奇譚クラブ1973年(昭和48年)9月号

関連作品

SMカメラ・ハント

奇譚クラブのモデル募集を見て応募してきた愛知県の22歳の芸妓。最初の旦那が奇譚クラブ愛読者。15歳から3年がかりで刺青を。
旦那が急死。「背中一面に玉取姫の刺青をしているので銭湯にいけず」「バス付きのアパートを借りる費用を捻出する必要」
辻村隆は1964年(昭和39年)9月14日に名古屋で初めて山原清子と会う。ホテルで撮影。
第1〜3番目の旦那に既に縛られていたので緊縛は慣れている。

引用文献

  1. 奇譚クラブ1964年(昭和39年)12月号, p190辻村隆カメラハント
  2. 昭和なつかし奇譚クラブ分譲写真より
  3. 奇譚クラブ1965年(昭和40年)9月号, p23
  4. 奇譚クラブ1966年(昭和41年)1月号, p14

注釈

  1. 前年、第2回座談会並びにSMプレイ鑑賞会の事後対談。会がハードになりすぎたことを辻村に愚痴っている。入れ墨が未完成であることが話題となっている。

お役たちweb

つながり

奇譚クラブのモデル達