小倉清三郎

提供: SMpedia
移動先: 案内検索

おぐら せいざぶろう、1882年(明治15年2月28日)-1941年(昭和16年)1月14日

概要

大正から昭和時代の性科学者。哲学者。「相對会」を設立し、雑誌『相對』を出版。

別名

english

略歴

1882年(明治15年2月28日、福島県須賀川に生まれる。

1912年頃、東京帝国大学哲学科。

1913年(大正2年)1月20日、『小倉清三郎研究録 月刊 相對 第壹集』を相對社から発行。

1919年(大正8年)頃、小倉ミチヨと結婚。

1922年(大正11年)、「手淫」の代わりに「自慰」という言葉を考案。

1933年(昭和8年)、猥褻文書出版違反で検挙。

1939年(昭和14年)、小倉ミチヨと離婚。

1940年(昭和15年)、『思想の爆破』を発表。

1941年(昭和16年)1月14日、永眠。

エピソード

代表作

資料

引用文献

  1. Wikipediaより

注釈


お役たちweb

つながり