土曜通信社

提供: SMpedia
移動先:案内検索
土曜漫画臨時増刊 土曜画報 1958年(昭和33年)8月1日号。土曜通信社から。

概説

1950年前半より活動を始めた実話雑誌系出版社。土曜出版社土曜出版新社と名前を変え、1970年代後半まで存続した。

所在地

東京都千代田区神田駿河台2−1

歴史

代表的な雑誌・書籍

雑誌

  • 今日の話題 戦記版』1955年(昭和30年)1月号〜1962年(昭和37年)8月号まで104冊、(編集:中村正利)
  • 土曜漫画』(編集:中村正利)
  • 土曜時評』1962年(昭和37年)(編集:中村正利)

土曜漫画 22号 土曜画報 中村正利 昭和33年

土曜漫画臨時増刊10月21日号 1965年(昭和40年)

書籍

田中徳祐 『今日の話題. 戦記版 第三十二集 サイパン玉砕記』 土曜通信社(1956年)

エピソード

  • 中村正利は『雑談』の発行元を引き受けた白鴎社の社主。戦前『婦人画報』の編集長をしていた。、敗戦後、十返肇もほんの一時期白鴎社に在籍していた[1]
  • 神田駿河台にあった[2]
  • 作家の酒井登志生が編集長をしていた[2]

引用文献

  1. [1]
  2. 2.0 2.1 酒井登志生『私の徒然草 疑惑のロングラン

注釈

お役立ちweb

つながり

土曜出版社 土曜出版新社