古今亭今輔

提供: SMpedia
移動先:案内検索

こきんてい いますけ、1898年(明治31年)- 1976年(昭和51年)

概要

天保3年の初代から現在の6代目まで続いているが、ここでは伊藤晴雨と交遊のあった五代目古今亭今輔を取り上げている。「お婆さん落語」が有名。

別名

五代目古今亭今輔、鈴木五郎

略歴

1914年(大正3年)、初代三遊亭圓右に入門。

1919年(大正8年)、3代目柳家小さん一門に移籍。この頃、三遊亭一朝から多くの古典落語を教わる。

1923年(大正12年)、真打ち昇進。

1925年(大正14年)、柳家小さん三

1926年(昭和元年)頃、 伊藤晴雨と知り合っている。「初音町4丁目に三遊亭一朝老人と一緒にいた。・・・(三遊亭一朝は)古い話をよく知っていますから、それを伊藤先生が聞きにきのたです。それからご懇意になって・・」[1]

1926年(昭和元年)、2代目桂小文治一門に移籍。

1931年(昭和6年)、3代目桂米丸を襲名。

1941年(昭和16年)、5代目古今亭今輔を襲名。

1973年(昭和48年)、勲四等瑞宝章受章。

1974年(昭和49年)、日本芸術協会2代目会長に就任。

1976年(昭和51年)12月10日、永眠。

エピソード

代表作

引用文献

  1. 最後の絵業師・伊藤晴雨』芸術生活 1971年(昭和46年)3月号(座談会:石子順造+古今亭今輔+宮尾しげお+R・佐藤)

注釈


お役たちweb

つながり