ロマン派生

提供: SMpedia
移動先:案内検索
ロマン派生による縛り。サンアンドムーン1978年(昭和53年)6月号より。

ろまんはせい、1930年(昭和5年)前後?[1]-。1970年代の「奇譚クラブ」に『縛りの美学』などを連載していた関東のSMマニア。「SUN&MOON」などにも寄稿。

概要

緊縛師。東京在住[注 1]の医療関係の[2]SMマニアで奇譚クラブに投稿をしていた。

別名

略歴

1982年(昭和57年)、SMバーバレラ第3号に『ロマン派生の縛りのテクニック』のビデオの宣伝。「緊縛美を探究して20年のキャリアを持つ」と紹介。京都の「坂本企画」から。

俵縛り、プラジャー縛り、菱縛り、亀甲縛り、逆さ吊り、駿河問い

エピソード

  • 浦戸宏が「山本は単独プレイ派、ロマン派生は複数プレイは、それに早坂信治派と、マイナーな鈴井是雄、村上信也などがいる」と説明[3]

代表作

緊縛教材(印刷物)

緊縛教材(ビデオ)

引用文献

  1. 浦戸宏、私信 to A
  2. 辻村隆『SMカメラハント 特訓プレイ妻 佐野みさ子の巻』奇譚クラブ1972年(昭和47年)12月号
  3. SUN&MOON1978年(昭和53年)8,9月号

注釈

  1. 奇譚クラブ1974年(昭和49年)10月号, p266には「名古屋ロマン派生」という読者投稿がある。

お役たちweb