マリエ

提供:SMpedia
別冊S&Mスナイパー1983年(昭和589年)10月号に5ページにわたるマリエの紹介記事。常連愛用者のY氏がレポート。
SMスピリッツ1984年(昭和59年)8月号のマリエ主催による和歌山県の無人島での「SMフェステイバル」の広告。
S&Mスナイパー1985年6月号のSMクラブマップより。
SMスピリッツ1984年(昭和59年)6月号の雪村春樹『浪華あぶとぴあ』の撮影は、マリエのタドコロが紹介したモデル三名が出演。タドコロが縛師として紹介されている。

村田光生が1983年(昭和58年)に大阪ミナミにオープンしたSMクラブ。無人島でのSMフェスティバルなども企画。明智伝鬼がマリエのSMショーを称賛。

概要

村田光生が1980年代におこなっていた、SMショー、SMクラブ、SM企画などの名称。

別名

マリエ マリエスポーツクラブ マリエ・スキャンダル MARIE SCANDAL

所在地

難波

歴史

1983年(昭和58年)2月、大阪市難波の大阪球場近くにオープン[1]

1984年(昭和59年)2月26日、S&Mスナイパー4月号に「マリエ・SMパーティー」案内。大阪ミナミのホテル。15,000円。

1984年(昭和59年)6月、SMスピリッツ6月号の雪村春樹『浪華あぶとぴあ』の撮影は、マリエのタドコロが紹介したモデル三名が出演。タドコロが縛師として紹介されている。

1984年(昭和59年)9月9日、和歌山県の無人島での「SMフェステイバル」[2]

1984年(昭和59年)10月27日、SMスピリッツ11月号にマリエ・プレイルームでのSMショーの案内。10,000円。

エピソード

  • 明智伝鬼が1987年頃の関東でのSMショーがダラけていることを指摘する際に、大阪の「マリエ」と比較している[注 1]
  • 1988年頃は「現在、休業中」とある[注 1]

引用文献

  1. 別冊S&Mスナイパー1983年(昭和58年)10月号
  2. SMスピリッツ1984年(昭和59年)11月号に和歌山県の無人島での「SMフェステイバル」の報告記事

注釈

  1. 1.0 1.1 浮上する闇』in 北原童夢「特集劇的なるショウSMの世界」SMスピリッツ1988年(昭和63年)5月号

お役たちweb

つながり