トーク:濡木痴夢男

提供: SMpedia
移動先:案内検索

サスペンスマガジンのシナリオ

68年10月『魔性の夜』  新宿、渋谷の地球座で8月27日初日とある。劇団炎、青木マリ、水咲陽子

68年11月『裏切りの肌』

68年12月『魔性の女』

69年1月『魔性の肌』  劇団炎台本。12月3日〜9日、渋谷新宿の地球座で上演。先月号の『魔性の女』は12月31日〜1月6日までの予定。

69年3月『魔性の港』

69年4月『魔性の港』実演風景

69年5月『魔性の戯れ』

資料館のシナリオ台本

 『闇の中の魔女』

 『魔性の港』浜健作演出

 『変態悪徳医』劇団21世紀 


資料館の写真

 新宿円外ミュージック 深井演出、藤見作、劇団21世紀

青年時代

浅草 観音劇場 宮古座座

東舞」のことは、昭和二十八年(一九五三年)実績のある重厚な出版社から発行された「芸能辞典」に記録されている。

常に「児童に観せるための高度の芸術性の追求や、その演劇ジャンルの探究」をモットーとして、過去二十五年の苦難の歴史を持つものは、ひとり劇団「東舞」あるのみである。劇団「東舞」は、昭和三年五月、宮津博・芝田圭一らによって創立され、第一回公演「恩を忘れた獅子」をもって、東京小石川御殿クラブにデビューした。同五年、第七回公演「狐の裁判」を早稲田大隈講堂進出の第一歩をふみ、これが童話劇確立への第一歩でもあった。

東舞=劇団東童

「子供会活動から出発し、1928年(昭和3)劇詩人宮津博を中心に「児童演劇における健康なロマンチシズムを内包する演劇のリアリズム演劇の確立」を目指して発足、劇団東童として親しまれた。子供を主体として大人の俳優が参与するという創作活動と、共同生活体験を基本にし個性の発見を重視する訓練システムは、子供らしい自由な演技を引きだした。そこから生まれた『風の又三郎』『ピーターパン』などのユニークな舞台は、昭和前期の児童演劇史に大きな足跡を残した。65年(昭和40)以後活動を停止している」

濡木語録

「おれってさ、みんなはどう思ってるか知らないけど、本当は女嫌いなんだよ」 ・・・・私は女性の性器そのものには、嫌悪感を持っている男性です。いまになって嫌いになったわけではなく、若いころからあまり好きではなかった・・・・性欲は縛られている女性の性器以外の各部に向けられているのです。たとえば太腿だとか、お尻だとか。 乳房だとか、細くくびれたウエストだとか。足首の細さだとか、襟首の優雅さだとか。足の一本一本にも、性器に匹敵する悩ましいエロティシズムが存在する・・・・縛りがうまいというのは、社会人としては「負」の部分となる。くり返すが自慢にはならない。 ・・・・私は、自分が職業で「縛り」をやる人間だということを、これまで必死になって隠してきた・・・正常の欲望を持つ男が、いくら女性緊縛の技術を身につけたとしても、縄には結局、二次的な欲情の力しかこもらない・・・そういう男が女体を縛る縄には、形だけの縄、表面だけの縛りの味わいしか感じられないのです。 性器以外の女体に思慕を寄せるフェチシストの、せつない願望、せっぱつまった欲情が縄に感じられないのです。女と正常なセックスができない、あるいは挿入セックスを嫌う男にしか、魅力ある縛りはできないのです。
  • 「アブノーマル性愛のことはよく知っていて興味はあるが、自分は決してマニアではないというような書き方をする自称評論家を、私は軽蔑する。」(絵師たち、p118)
  • 「我々は、何者だ? 単にSMのムードを楽しむだけのムードマニアというわけか」(絵師たち、)