高槻彰

提供: SMpedia
移動先: 案内検索

たかつき あきら、1959年(昭和34年)-

概要

大学時代にピンク映画にっかつの助監督をやり、1983年にAV業界入り。

別名

english

略歴

1979年(昭和54年)、大学に入学。映画研究会に入る。ピンク映画の助監督のアルバイトを始める[1][注 1]

1982年(昭和57年)頃、代々木忠の映画『ザ・オナニー』の撮影手法に衝撃を受け、ビデオの時代が来ることを確信する[1]

1982年(昭和57年)、宇宙企画「ビデオボーイ」での田所裕美子ちゃんの初ヌードコーナーを初めてプロとして演出[1]

1983年(昭和58年)頃、ボルドーの八神康子出演のビデオ撮影などを手伝う。ボルドーはピンク映画系列[1]

1983年(昭和58年)、大学卒業。ビデオ制作会社4Dに就職。小路谷秀樹と出会う[1]

1985年(昭和60年)、4Dを退社して「(有)カンノンシネマワークス」を設立。社長は坂本政志。宇宙企画、VIP、日活などの作品を製作[1]

1986年(昭和61年)、にっかつ『ザ・本番』シリーズを監督[注 2]

1988年(昭和63年)、カンノンシネマワークスを閉じてシネマユニット・ガスを設立。宇宙企画・アトラス21・V&Rプランニング・JHV・シネマジックなどの作品を製作[1]

エピソード

  • 緊縛師が前面に出てくる、雪村春樹のスタイルを始めたのが高槻彰
  • 4D時代に歌舞伎町の風俗ルポビデオ作製時に竹下ゆかりを見いだす。
  • 平野勝之シネマユニット・ガスの社員だった。

代表作

  • 『ザ・本番 女体フルコース篇』(にっかつ, 1986)監督:高槻彰
  • 『ザ・本番 女子大生振り袖パーティ』(にっかつ, 1987)監督:高槻彰
  • 『ナマ本番・同棲』(にっかつ, 1987)監督:高槻彰
  • 『ザ・本番 アイドル歌手篇』(にっかつ, 1987)監督:高槻彰
  • 『裏・本番 陶酔ビデオクィーン』(にっかつ, 1987)監督:高槻彰
  • 『緊縛パフォーマンス』(シネマジック, 1994) 監督:高槻彰、出演:濡木痴夢男雪村春樹根暗童子、美里リナ
  • 『私が緊縛されたい理由/明智伝鬼のM女開発調教』(シネマジック, 2003) 監督:高槻彰、出演:栗栖ゆみ、黒田ねこ
  • 『私が緊縛されたい理由・2/明智伝鬼のM女開発調教』(シネマジック, 2003) 監督:高槻彰、出演:宮地奈々、安倍美咲
  • 『私が緊縛されたい理由・3/濡木痴夢男のM女開発調教』(シネマジック, 2004) 監督:高槻彰、出演:緒川さら、真咲菜々

引用文献

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 1.6 シネマユニットガス高槻彰の事務所日記

注釈

  1. 「現場は、ビデオで撮影しているのにフィルムのような撮影方法をとり、ビデオの特質を活かしたものでは」なかった。
  2. 作品は全てビデオカメラで撮影され、フィルムに焼き付けていた(私信 to U)

お役たちweb

つながり