長谷川伸

提供: SMpedia
移動先: 案内検索
長谷川伸 (1884- 1963)

はせがわ しん、1884年(明治17年)3月15日 - 1963年(昭和38年)6月11日

概要

文筆家。劇作家。「股旅物」ジャンルの創成者。「一本刀土俵入り」「沓掛時次郎」「瞼の母」が有名。伊藤晴雨と交友関係があった模様。

別名

長谷川伸二郎(本名)、山野芋作、長谷川芋生、春風楼、浜の里人、漫々亭、冷々亭、冷々亭主人

エピソード

  • 北海道出身の女流探偵作家・松本惠子が、母との再会の橋渡しに一役買っている。

代表作

長谷川伸善八の財布奇譚クラブ1948年(昭和23年)10月15日通巻9号 (挿絵:笹岡一夫)

脚注


関連文献

お役たちweb