東京タイムズ社

提供: SMpedia
移動先: 案内検索

概説

1946年(昭和21年)に岡村二一や式場隆三郎が中心となって発行した日刊地方紙『東京タイムズ』を発行する会社。同時に、同じ場所にロマンス社も同時期に創立していたので、『東京タイムズ』とロマンス社は極めて近い関係にある。

歴史

1946年(昭和21年)、岡村二一や式場隆三郎が中心となって『東京タイムズ』を創刊。発行元が東京タイムズ社、また、東京タイムズ社内に熊谷寛、桜庭政雄らが中心となってロマンス社を創立。

1951年(昭和26年)、ロマンス社は倒産[1]

1955年(昭和30年)、団鬼六が映画雑誌『スターストーリー』の翻訳要員として入社。4ヶ月後には退社。

1992年(平成4年)7月、『東京タイムズ』休刊。

所在地

代表的な雑誌・書籍

新聞

  • 東京タイムズ

雑誌

  • スターストーリー

書籍

エピソード

  • 岡村二一と熊谷寛は小学校時代からの親友。
  • サトウハチローがエッセイ「見たりきいたりためしたり」の連載
  • 早坂茂三や青木雨彦らが記者として活躍
  • 1955年(昭和30年)頃の『スターストーリー』の編集室は江古田の熊谷寛宅[注 1]の離れ[1]

引用文献

  1. 1.0 1.1 塩澤実信『団鬼六 二十代・放浪の日々』幻冬舎『花は紅―団鬼六の世界』(幻冬舎, 1999)

注釈

  1. ロマンス社創業者。1951年にロマンス社を倒産させ、古巣の東京タイムズ社に戻っていた。

お役立ちweb

つながり