「SM・ショット」の版間の差分

提供: SMpedia
ナビゲーションに移動検索に移動
1行目: 1行目:
 
{{kakikake-stub}}
 
{{kakikake-stub}}
 
[[画像:SMショット1.jpg|250px|thumbnail|[[SM・ショット]]1981年(昭和56年)?創刊号]]
 
[[画像:SMショット1.jpg|250px|thumbnail|[[SM・ショット]]1981年(昭和56年)?創刊号]]
 +
[[画像:蛭子能収1.jpg|250px|thumbnail|「'''[[蛭子能収]]のSMショット'''①」[[SM・ショット]]1981年(昭和56年)?創刊号]]
 
'''ざっしめい'''
 
'''ざっしめい'''
 
== 概要 ==
 
== 概要 ==
[[海鳴書房]]から1981頃<ref group="注">明記されていないが(1)広告の「アイキ会」の料金受け取り人払いの郵便の有効期限が1982年8月であること、(2)第2号が11月に出ると予告していること、(3)1981年8月に公開された「団鬼六 女教師縄地獄」の紹介記事があること、から判断(U)。</ref>
+
[[海鳴書房]]から1981頃<ref group="注">明記されていないが(1)広告の「アイキ会」の料金受け取り人払いの郵便の有効期限が1982年8月であること、(2)第2号が11月に出ると予告していること、(3)1981年8月に公開された「団鬼六 女教師縄地獄」の紹介記事があること、から判断(U)。</ref>創刊されたと思われる雑誌。記事が多いので、[[ビニ本]]よりは[[自販機本]]として販売されていたのかもしれない。
 
==別名==
 
==別名==
 
[[SM・ショット]]
 
[[SM・ショット]]
15行目: 16行目:
 
==別冊・増刊号==
 
==別冊・増刊号==
 
== エピソード==
 
== エピソード==
 +
*[[蛭子能収]]のカラーイラストや白黒挿絵が使われている。
 
*[[群雄新社]]の『'''マニア2 女の生理'''』の広告。
 
*[[群雄新社]]の『'''マニア2 女の生理'''』の広告。
  

2020年2月7日 (金) 08:22時点における版

SM・ショット1981年(昭和56年)?創刊号
蛭子能収のSMショット①」SM・ショット1981年(昭和56年)?創刊号

ざっしめい

概要

海鳴書房から1981頃[注 1]創刊されたと思われる雑誌。記事が多いので、ビニ本よりは自販機本として販売されていたのかもしれない。

別名

SM・ショット SMショット SM Shot

発行年・出版社

海鳴書房

発行人・編集人

編集発行人:江口純男

主な出来事

別冊・増刊号

エピソード

  • 蛭子能収のカラーイラストや白黒挿絵が使われている。
  • 群雄新社の『マニア2 女の生理』の広告。

引用文献

注釈

  1. 明記されていないが(1)広告の「アイキ会」の料金受け取り人払いの郵便の有効期限が1982年8月であること、(2)第2号が11月に出ると予告していること、(3)1981年8月に公開された「団鬼六 女教師縄地獄」の紹介記事があること、から判断(U)。

お役たちweb

つながり