メインメニューを開く
須磨利之 (1920-1992 )
㐂夛玲子。藤安節子(高村暢児)「ルポ 夜のTOBITA」への挿絵。奇譚クラブ 1949年(昭和24年)9月第3巻第8号より。
かっぱ 1956年(昭和31年)1月創刊号
喜多玲子「雪責め」 風俗草紙 1954年(昭和29年)1月号より。
S&Mコレクター1972年12月創刊号での『廃屋に悶える』より。緊縛は美濃村晃。カメラは花沢正治、モデルは小牧洋子。絹糸を撚った縄を使ったとある。

すま としゆき、1920年(大正9年) - 1992年(平成4年)。変名は美濃村晃、喜多玲子など。1940年代末から1970年代にかけて活動した絵師・文筆家・緊縛師。「緊縛美」を追究し、アートとしてのSMを深めた。「昭和SM文化の母」ともいえる存在。

概要

絵師。緊縛師。文筆家。編集者。主な変名は美濃村晃喜多玲子。『奇譚クラブ』『裏窓』『SMコレクター』『アブハンター』『SM奇譚』などの初期SM雑誌の編集に関わり、戦後SM文化の形成に大きな役割を果たした。絵師としても高いレベルの作品を残し、緊縛師、文筆家としても活躍した。須磨利之の絵師としての活動は、喜多玲子のページにもまとめてある。

別名

Toshiyuki Suma, Reiko Kita, Kou Minomura, 須磨としゆき、 喜多玲子美濃村晃、その他(下記参照)。

奇譚クラブ時代の変名[1]

【絵師として】須磨利之、魁京二*、亀井七郎*、七郎*、須磨としゆき、喜多玲子、㐂夛玲子、美濃村晃箕田京二、箕田京太郎、箕田京、志乃田よしろう*、峯玄太*、松岡敏一*、まつのけんじ、曾根三太郎*、加住としを*、森あきら*、竹中英二郎[注 1]、竹中えいじろ、今幾久造、秋田冷光*、明石三平*、沖研二*、天野健* など。また絵のサインとしては『MINOMURA』『晃』『KEN』『弱』『えいじろ』。絵師としての活動は、喜多玲子のページにもまとめてある。(「*」印の名前については、画風からおそらく須磨利之の変名だろうと予想したもの)

【文筆家として】兵庫一平*、壬生すみ子、藤安節子、花山剣作、高月大三、早乙女晃、鬼山絢作(けんさく)、赤坂剛、秋山ルミ子、三村幾夫、染田玄、

風俗草紙時代の変名

喜多玲子、美濃村晃(絵)、志見透(文)、高月大三(文)

裏窓時代の変名

喜多玲子美濃村晃円城寺達、沢拳史(絵)、柴志野別(絵)、猪島昌也(写真)

SM雑誌時代の変名

喜多玲子美濃村晃、仲島炬司(絵)、照魔加司[注 2]須賀敏[注 3](文)、松村武史(劇画作)、古賀純一(文)、石塚章二(文)、絵のサインとしては『玲』

(未整理)

本田玲造、多摩九介、日吉雛子、

略歴

須磨の自伝には創作部分がかなり含まれており、以下の略歴も将来的に訂正される可能性もある。

1920年(大正9年) 、京都の印刷業の家に生まれる[2][注 4]。須磨家は薩摩藩士で維新後京都に移る。本宅は岡崎で印刷屋は京都駅前。芦屋に別荘[3]。四国で育ったという記述もある[4]

1927年(昭和2年) 頃、叔父須磨勘兵衛の土蔵で江戸期の黄表紙に描かれた責め絵に衝撃[3][注 5]

1930年(昭和5年)頃、土蔵で縛られた母の姿を見る[注 5]

1932年頃、祖父の蔵書の中にあった『変態風俗資料』という本に責め絵画家として紹介されている伊藤晴雨を知る[2][5]

1930年代、京都美術工芸学校を結核で中退[6][5]

1930年代、平井楳仙[注 6][注 7]の内弟子になる[5][6][7][2]

1939年(昭和14年)5月、舞鶴の海兵団に志願[7]。海軍上等衛生兵曹(衛生兵)判任武官二等であったという記述もある[8][4]。配置は病院船の「第二氷川丸(天応丸)」の第一病舎と手術室の兼務長[8]

1944年(昭和19年)3月18日、「北陸丸」乗船中にバシー海峡で沈没[7][注 8]。9月18日、バシー海峡で「第二氷川丸」という記述もある[3][注 5]

1944年(昭和19年)3月、須磨家は陸軍に戦闘機二機、海軍に零戦を一機献納[8][3]

1945年頃、復員後、日本各地を放浪していろいろな職業につく[5]

1945年頃、京都の夕刊新聞社「京都中央新聞社」の編集記者[5]

1947年(昭和22年)夏、京都中央新聞社の杉山清詩[注 9]につれられ曙書房に行ったのが縁で奇譚クラブに挿絵を描き出す[5][注 10]。まだ不定期刊行のカストリ雑誌であった奇譚クラブ以外にも、「情艶新集」などににも挿絵を描いていた[注 11][5]

1948年(昭和23年)、5月20日発行の奇譚クラブ5月号(第7號)には、まだ須磨利之の痕跡は見いだせない[9]

1948年(昭和23年)、10月15日発行の奇譚クラブ(第9號)「爽秋読切傑作号」の表紙は須磨利之。他にもいくつかの作品に須磨利之の名で挿絵を描いている。

1949年(昭和24年)、『別冊奇譚クラブ』4月号、10月号の表紙は須磨利之

1949年(昭和24年)9月15日、奇譚クラブ第3巻第8号の高村暢児『ルポ 夜のTOBITA』、園田光『女への復習』の挿絵で初めて喜多玲子の名前が登場。

1950年(昭和25年)春、結婚し、まもなく妊娠[6]

1950年(昭和25年)、奇譚クラブ7月号(通巻22号)の伊豆俊夫『地下組織の秘密ナイトクラブをえぐる』の挿絵に、単純ながら縛り絵が登場

1950年(昭和25年)11月、吉田稔に乞われ、月刊化するカストリ雑誌時代の奇譚クラブの編集に専念するために、京都から堺市西湊5-27に引っ越しをする[6]

1951年(昭和26年)頃、飛田遊郭の「銀巴里楼」で「縛られ女郎ショー」を演じたと自伝にしばしば書いているが、実話なのか作り話なのか定かでない。

1951年(昭和26年)、4月より1954年(昭和29年)1月まで伊藤晴雨と喜多玲子の書簡交換が記録に残っている[10]

1951年(昭和26年)、奇譚クラブ12月号より編集人が吉田稔から箕田京二に変わる。これは須磨利之箕田京二の変名を使っていたことを考慮すると、これは須磨利之が本格的に奇譚クラブの編集に関わりだしたことを示しているのかもしれない。

1952年(昭和27年)、奇譚クラブは6月号からそれまでのB5版をA5版に変え、変態路線を強めていく。

1953年(昭和28年)1月、伊藤晴雨奇譚クラブ1月号に短文を寄稿し、その中で喜多玲子への想いを語っている[11]

1953年(昭和28年)、奇譚クラブを6月号で辞める。同人誌『たのしみ草紙』を発行[注 12][5]

1953年(昭和28年)7月、風俗草紙創刊号である7月号に喜多玲子の名前で絵と告白文。

1953年(昭和28年)8月、玲光社という出版社を京都に起こし、私家版的な絵画集を出していた模様。

1954年(昭和29年)5月、風俗クラブ5月号に喜多令子高月大三の名で記事を書いている。

1954年(昭和29年)秋、上京[注 13][5][注 14]

1954年(昭和29年)、伊藤晴雨と始めて実際に会う[注 15][2][5]

1954年(昭和29年)、風俗草紙が10月号で廃刊。

1955年(昭和30年)、あまとりあ社(=久保書店)に入社。あまとりあの第5巻2号、3号、5号に喜多玲子の口絵。終刊号(8月号)の編集に携わる。

1955年(昭和30年)、裏窓の前身となる『かっぱ』を創刊[注 16][5]

1956年(昭和31年)、久保書店から裏窓創刊[注 17][1]

1959年(昭和34年)、この頃、団鬼六と交友関係が深まる(要確認)

1960年(昭和35年)、裏窓は角綴から中綴に変わり、変態雑誌を大きく標榜。

1961年(昭和36年)8月、浦戸宏裏窓編集室に参加。

1962年(昭和37年)、裏窓の編集長を濡木痴夢男にバトンタッチし、少女雑誌『』(後の『抒情文芸』)の編集をてがける[5]

1970年(昭和45年)、久保書店を退社し、濡木痴夢男虻プロを設立。社長は須磨。あぶめんとを創刊。同年9月号で廃刊。

1970年(昭和45年)11月、SMセレクトの創刊に関与。

1971年(昭和46年)10月、SMコレクターの創刊に関与。

1974年(昭和49年)6月、S&Mアブハンターの創刊に関与したもとのと思える。

1979年(昭和54年)5月、脳溢血で倒れ東京女子医大に1年半入院[12]。その後、神奈川県厚木市七沢の温泉療養所でリハビリ[1]

1980年(昭和55年)10月15日、「脳梗塞で療養中に発作を起こし救急車で初めて運ばれ、1ヶ月入院」とある[13]

1984年(昭和59年)夏頃、六本木シアタースキャンダルで9日間の『緊縛師大会』が開催された模様。最終日は美濃村晃が出演し、その指示に従い玉井敬友浦戸宏早乙女宏美島田一枝を緊縛。美濃村晃夫人も同伴[14]

1989年(平成元年)、シネマジック吉村彰一によるドキュメント作品『縄炎 ~美濃村晃の世界~』が制作される。監督は雪村春樹で須磨利之自身に加え、濡木痴夢男団鬼六櫻木徹郎有末剛椋陽児吉村彰一等が出演。

1992年(平成4年)3月6日[15]、永眠。

エピソード

  • 軍隊中に報道兵であった吉田稔と知り合ったという記述がある[4]
  • ミノムラコ=ジャワ語でちょっと一服[1]
  • 喜多玲子は夫人の旧姓そのまま使った。吉田稔の勧め[2]。「喜多」は夫人が能の喜多流の関係者であったためという記述もある[4]
  • 子供が生まれた頃に、堺市西湊5−27の辛芳方の二階から曙書房に毎日かよって編集を手伝ったとある。当時の月給8000円。仕事が終わってからバイトで「銀巴里楼」の縛られ女郎のショーを始める。当時大阪では「情艶新妻」「花馬車」「千一夜」があった。須磨利之が編集で「魅惑」という雑誌を出した。出版元は志摩利之の京都の住所。発禁処分。
  • 影響を受けた画家として金森観陽小村雪岱の名をしばしばあげていたようだ。千草忠夫志村立美からの影響を指摘している[16]
  • 江戸川乱歩から少年の絵を依頼されていたらしい[17]
  • 寺山修司は須磨と交流があり、戦争の逸話[注 18]などをテープに録音していた[17]
  • ボクシング好きの須磨利之は、「カッパの清作がやっている店へご案内しますよ」と濡木をたこ八郎がやっていた「たこ部屋」に連れて行った[18]
  • 須磨は高橋鐵に良く思われていないと述べている。これは沼正三奇譚クラブ1954年(昭和29年)4月号に発表した『スカタロジーという語について-高橋鉄氏に問うー』が原因と考えていた[2]。ただし、この時期、須磨利之は既に奇譚クラブを離れているはずだ。
  • 新宿区代々木にあったけごん旅館を好んで使っていた[19]
  • SMコレクターで多用していた小牧洋子は好みのモデル。ダンサーあるいはストリッパーだった。[19]
  • 70年代の須磨の自宅は横浜市港北区日吉本町4-10-32[1]
  • 日本特集出版社の代理部が、1950年代に、喜多玲子の『お小夜嵐』等の著作を通信販売していたようだ。

代表作

特に注目すべき作品

自伝

須磨利之を扱った記事

展覧会など

  • 『~喜多玲子・美濃村晃・須磨利之~』2009年(平成21年)3月2日-4月29日、風俗資料館
  • 『美濃村晃(喜多玲子)生誕90周年記念展示「昭和異端風俗絵模様」』2010年(平成22年)6月21日-7月3日、ヴァニラ画廊[注 22]

参考資料

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 濡木痴夢男『「奇譚クラブ」の絵師たち』(河出書房新社, 2004)
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 2.4 2.5 美濃村晃『巨星落ちたり-妖美画家 伊藤晴雨伝』美人乱舞:責め絵師伊藤晴雨頌(弓立社, 1997)
  3. 3.0 3.1 3.2 3.3 平岡正明『縄師美濃村晃と結び目の謎』in 「変態的」(ビレッジセンター出版局, 1996)
  4. 4.0 4.1 4.2 4.3 北原童夢早乙女宏美『「奇譚クラブ」の人々』(河出書房新社, 2003)
  5. 5.00 5.01 5.02 5.03 5.04 5.05 5.06 5.07 5.08 5.09 5.10 5.11 秋田昌美濡木痴夢男不二秋夫『日本緊縛写真史 1』 (自由国民社, 1996)
  6. 6.0 6.1 6.2 6.3 美濃村晃縄の交友録第2回 「奇譚クラブ」の初期の人々』 緊美研通信第5号 1990年(平成2年)8月1日
  7. 7.0 7.1 7.2 下川耿史『極楽商売 聞き書き戦後性相史』(筑摩書房, 1998)
  8. 8.0 8.1 8.2 美濃村晃縄の交友録第一回 吉田稔氏と知り合った頃緊美研通信第4号(1990)
  9. 懐かしき奇譚クラブ、esme氏私信 to U。
  10. 『伊藤晴雨書簡』美人乱舞:責め絵師伊藤晴雨頌(弓立社, 1997)
  11. 伊藤晴雨女の責場を描く時の心境奇譚クラブ1953年(昭和28年)1月号, p145
  12. 美濃村晃『アクションロープハント 淫ら妻は背後責めに燃えた』復刊奇譚クラブ1982年(昭和57年)4月号
  13. 美濃村晃彗星のごとく消えた天才画家SMコレクター1981年(昭和56年) 3月号, p164
  14. S&Mスナイパー1984年(昭和59年)11月号
  15. 『追悼・美濃村晃の世界』S&Mスナイパー1992年(平成4年)6月号
  16. 千草忠夫美濃村さんと私S&Mスナイパー1992年(平成4年)7月号
  17. 17.0 17.1 北原童夢『東京フェティッシュ倶楽部』(三一書房, 1996)
  18. 濡木痴夢男のおしゃべり芝居 第九十七回
  19. 19.0 19.1 マンボウ資料館より

注釈

  1. 竹中英太郎をまねた画風。竹中英太郎の長男は評論家の竹中労で後年、須磨を訪れた(「奇譚クラブの絵師たち」)
  2. マレー語で「ありがとう」=テレマカシ
  3. スカンピンに因む
  4. 実父亡き後、叔父の須磨勘兵衛が家長。古書を探すと確かに「須磨勘兵衛発行」の本が見つかる。京都市左京区下鴨泉川町6となっている。
  5. 5.0 5.1 5.2 この手の話は真偽は不明
  6. 須磨利之の自伝では小林楳仙と記載されている
  7. 久保田米遷の弟子、右京区の嵯峨天龍寺芒ノ馬場町という所にいた。
  8. フィクションかもしれないが、仮装巡洋艦「北陸丸」は実在した。「昭和16年8月に海軍に徴傭された北陸丸は,昭和17年のメナド攻略,ミッドウエー作戦,ガダルカナル作戦と激戦の海を駆け巡る。昭和19年、6700トンのボーキサイト,600トンの重油,256名の軍人を載せてシンガポールから門司に向かった北陸丸は、3月18日1時14分、シナ海香港南東300km付近において被雷する。1本目が1番艙で爆発すると2番艙の弾薬が誘爆,2本目は3番艙の重油タンクで爆発炎上,3本目は機関室に命中して5分後に全没。8名の軍人、警戒隊25名、55名の船員が戦死」とある。
  9. 杉山清詩は奇譚クラブ別冊に須磨氏を連れてデパートに洋画美術研究会に行ったことを書いている。当時は、美術を隠れ蓑にヌード鑑賞していたらしい。(秋田昌美「異説:フェティシズムの歴史」)
  10. 奇譚クラブの創刊は1947年(昭和22年)10月なので、この話が本当だとすると創刊当時から参加していたことになる。
  11. 「情艶新集」の出版社には後の都築峰子となる八木静男が寄宿していた。
  12. 20人程のマニアが集まり、20-50部ほどを発行。8号まで続く。
  13. 伊藤晴雨、三木トリローらが上京を勧めたとされる。
  14. 「奇譚クラブの絵師たち」では「1953年(昭和28年)に・・妻子と共に上京する。新宿・十二社(そう)のアパートの二階に住む」とある。
  15. 当初、伊藤晴雨は喜多玲子を本物の女性画家だと信じていた模様。また、最後まで須磨を喜多玲子の主人と思っていた「ふり」をしていたという説もある。
  16. カッパブックスを出していた光文社からのクレームで改名。
  17. 3万円で雑誌を作ると社長を説得した。
  18. 「戦争で捕虜となった時に、敵国の従軍看護婦一師団がやってきて、捕虜の日本兵に『射精競馬』をさせ、最後はその<ウタマロ>を強チンされた」。ただしこの手の須磨の話は要注意。
  19. 限定300部。定価300円。
  20. 「春縄あぶぷれい」「春縄お好み場面」など、毎回異なるタイトル。
  21. オリジナルは白夜書房の『スパーク』
  22. 6月26日には特別トークイベント 出演:早乙女宏美鏡堂みやび・伊藤文學(病欠)

つながり

お役たちweb