「若松劇場」の版間の差分

提供: SMpedia
移動先:案内検索
(つながり)
53行目: 53行目:
 
[[Category:1990年代のストリップ]]
 
[[Category:1990年代のストリップ]]
 
[[Category:2000年代のストリップ]]
 
[[Category:2000年代のストリップ]]
 +
[[Category:2010年代のストリップ]]
 
[[Category:総索引]]
 
[[Category:総索引]]

2019年1月4日 (金) 15:05時点における版

概要

千葉県にある100席程度のストリップ劇場。一時期、『ニューモダンアート』と名前を変え、川上譲治企画のストリップショーをおこなっていた。1991年(平成3年)からは長田英吉が社長に就任し、SMショーを開催していた。現在休館中。

別名

船橋若松劇場

歴史

1961年(昭和36年)3月1日、開館[1]

1969年(1969年)4月13日、仮設ストリップ劇場の名称で開館。

1981年(昭和56年)6月、経営不振で女経営者が夜逃げし、売りに出たところを、当時スカイ劇場のオーナーだった萩本が買い取り、『ニューモダンアート』そして再スタート[2]

1981年(昭和56年)7月1日、川上譲治企画によるオープン記念特別興行『アリアドーネの会[注 1][2]

1991年(平成3年)、長田英吉が社長に。

1997年(平成9年)6月14日と19日、若松劇場にて「長田ゼミナール」。出演:長田英吉早乙女宏美[3]

2001年(平成13年)頃、有末剛が、倒れた長田英吉の代理で舞台に立つ[4]。相手は早乙女宏美。次に卯月妙子

2004年(平成16年)9月11-20日、若松劇場にて『入江まこプロデュースSMイベント Part 2 ラブピアス』。出演:志摩紫光乱田舞ミラ狂美早乙女宏美結城あみ入江まこ

2010年(平成22年)5月、公然わいせつの疑いで経営者らの逮捕。

2013年(平成25年)9月10日、閉館[1]

所在地

千葉県船橋市本町2-17-27

トピックス

  • 1981年頃、船橋には船橋ハリウッド、西船橋OS、柏マッドハウス、浦安ヌードなど、過激な内容のストリップ劇場が存在した。
  • 52

引用文献

  1. 1.0 1.1 東京ベイ船橋ビビット2013-2012
  2. 2.0 2.1 川上譲治さらばストリップ屋』(朝日新聞社, 1988)
  3. STRIPwikiより
  4. 『緊縛師たちの新時代』Web Sniper

注釈

  1. スカイ劇場以来のつきあい。大田区山王に事務所をもち、主宰者はカルロッタ池田。ヨーロッパ遠征の資金稼ぎにストリップ劇場に出る。反響が大きく、郡山ミュージック劇場他、6つの劇場を回り500万円を稼ぐ。

お役たちweb

つながり