船橋ニュー大宝

提供: SMpedia
移動先:案内検索

ふなはしにゅーたいほう。船橋にあったストリップ小屋の大宝が1984年頃移転して船橋ニュー大宝となり2011頃まで。

概要

別名

所在地

船橋ニュー大宝:千葉県船橋市本町1-11-4

歴史

1965年(昭和40年)12月20日、千葉船橋にあったストリップ劇場「大宝」で「ピンク映画女優」のピンク実演。重光秀子、林美樹、糸井香子らによる「めす猫の宿[1][注 1]

1966年(昭和41年)4月、『実話と秘録 4月増刊号』(明文社)の「全国ヌード劇場ベスト20」で紹介されている。

1973年(昭和48年)1月1日、「船橋大宝」で黒人ヌード・ヘレン・ハリス、天狗レス・大宝玉萄 VS 大宝真由美淫演[1]

1984年頃、移転。船橋ニュー大宝と改名。

2009年(平成21年)5月13日、千葉県警船橋署が「観客約20人の前で陰部を露出させた疑い」で経営者の中野弘と劇場の踊り子女性ら8人を逮捕。

2009年(平成21年)11月1日、浅葱アゲハが出演[2]

2011年頃、ライブハウス「ミライシアター空」になり、やがて閉館。

2013年(平成25年)4月11日、毎月1回のペースで「飛び入りも歓迎」のカラオケ大会を開催。

エピソード

  • 1966年(昭和41年)頃には千葉に3軒のストリップ劇場があった模様[3]
  • 大宝は1階がストリップ劇場で2階はキャバレー[3]
  • 大宝の席は50ぐらい[3]
  • 船橋ニュー大宝は1階が受付でステージが2階。

引用文献

  1. 1.0 1.1 STRIP MEMORIAL
  2. A-GEHA.com
  3. 3.0 3.1 3.2 「全国ヌード劇場ベスト20」in 実話と秘録 1966年(昭和41年)4月増刊号』(明文社)

注釈

  1. このピンク実演に関しては、1966年(昭和41年)、奇譚クラブ4月号, p23の岩木一夫『「青木順子ショーについて」呼び掛け』の記事の中で、1965年(昭和40年)の暮れに船橋の大宝劇場でエロプロダクションによる『めす猫の宿』を見たが、サディスティックな場面がありなかなかよかったと書いている。

お役たちweb

つながり