「熱海旅館」の版間の差分

提供: SMpedia
ナビゲーションに移動検索に移動
 
21行目: 21行目:
 
*[[貴重な情報発信サイト|マンボウ資料館]]の[http://manbou0318.blog91.fc2.com/blog-entry-60.html SMグラビアの撮影場所 その1]と[http://manbou0318.blog91.fc2.com/blog-entry-61.html SMグラビアの撮影場所 その2]に詳しい。
 
*[[貴重な情報発信サイト|マンボウ資料館]]の[http://manbou0318.blog91.fc2.com/blog-entry-60.html SMグラビアの撮影場所 その1]と[http://manbou0318.blog91.fc2.com/blog-entry-61.html SMグラビアの撮影場所 その2]に詳しい。
 
*[[杉浦則夫]]が[http://www.sugiuranorio.jp/blog/archives/2005/11/post_1.html ブログ]に思い出を書いている。
 
*[[杉浦則夫]]が[http://www.sugiuranorio.jp/blog/archives/2005/11/post_1.html ブログ]に思い出を書いている。
*「かつて上野の某旅館でSM緊縛撮影会というのがあって、その現場に警察が踏み込んだのですよ。で、このS本さんと故[[長田英吉]]師が逮捕されてしまった。その時のモデルの一人が山田詠美で、彼女は出番が終わって帰ったあとだったので難を逃れた。 」([[館淳一]]の「ぐらんぴ日記」2010年12月06日より)
+
*「かつて上野の某旅館でSM緊縛撮影会というのがあって、その現場に警察が踏み込んだのですよ。で、このS本さんと故[[長田英吉]]師が逮捕されてしまった。その時のモデルの一人が[[山田詠美]]で、彼女は出番が終わって帰ったあとだったので難を逃れた。 」([[館淳一]]の「ぐらんぴ日記」2010年12月06日より)
 
*[[緊美研]]は少なくとも、第2, 3, 4, 5回の会合が[[熱海旅館]]でおこなわれている。
 
*[[緊美研]]は少なくとも、第2, 3, 4, 5回の会合が[[熱海旅館]]でおこなわれている。
*「熱海旅館の経営者である老女将が病気で入院したために、旅館は開業ということになった。そこで[[緊美研]]の例会会場を、[[ホモフイクタス]]に移した。」
+
*「熱海旅館の経営者である老女将が病気で入院したために、旅館は閉業ということになった。そこで[[緊美研]]の例会会場を、[[ホモフイクタス]]に移した。」
  
 
== 引用文献==
 
== 引用文献==

2020年7月29日 (水) 10:17時点における最新版

熱海旅館で1985年(昭和60年)12月1日におこなわれた緊美研の第2回会合。「暖房の設備といったら旧式のオイルストープが二つだけという寒い部屋だった」とある。緊美研通信創刊号(1989)より。
熱海旅館の2階で1986年(昭和61年)2月2日におこなわれた緊美研の第4回会合。モデルは村井アキ緊美研通信第2号(1989.2)より。
熱海旅館で1986年(昭和61年)5月4日におこなわれた緊美研の第5回会合。モデルは神谷琴絵。写真は枷井克哉緊美研通信第17号(1996.9)より。
熱海旅館で撮影された S&Mスナイパー1986年8月号『アラーキー事件帖 最終回 A's熱海殺人事件』モデル:森美貴相美佐与子早乙女宏美
荒木経惟撮影による熱海旅館の管理人と窓からの眺め。 S&Mスナイパーより。モデルは真堂ありさ

概要

上野の不忍池の近くにあったSM聖地の中の聖地。濡木痴夢男杉浦則夫長田英吉桜田伝次郎明智伝鬼など多くのSM関係者が利用した。

別名

所在地

上野池之端

歴史

1984年(昭和59年)12月29日、不二企画のビデオ第1作が熱海旅館で撮影。後に『雨合羽と長靴』として緊美研ビデオ第1号としてリストされる[1]。岩手在住のゴムマニア、福来氏が製作。撮影は不二秋夫

1985年(昭和60年)12月1日、熱海旅館にて緊美研の第2回会合。モデルは杉下なおみ藤森奈美江

1996年(平成8年)、緊美研通信第18号に「近く閉鎖になる」とある。

エピソード

引用文献

注釈

お役たちweb

つながり