「渡縛人」の版間の差分

提供: SMpedia
移動先:案内検索
(略歴)
(内容を「{{渡縛人}} {{DEFAULTSORT:わたり ばくと}} Category:緊縛師 Category:1980年代の緊縛師 Category:1990年代の緊縛師 Category:2000年代の…」で置換)
(タグ: 置換)
 
1行目: 1行目:
[[画像:Wataribakuto1.jpg|200px|thumbnail|[[渡縛人]]『[[BIZARRE MAGAZINE(日)|Bizarre Magazine]]』2000年(平成12年)No.51より]]
+
{{渡縛人}}
 
 
'''わたり ばくと'''、1948(昭和23年)3月15日<ref name="SMsprit1984">[[SMスピリッツ]]7月号</ref><ref group="注">「[[石垣章]]氏と同い年」という私信(to U)情報もあり、これだと1953年(昭和28年)頃となる。</ref>-
 
 
 
==概要==
 
緊縛師。編集者。
 
 
 
==別名==
 
[http://www.nawapedia.com/index.php?title=Bakuto_Watari Bakuto Watari]、[[渡辺仁志]]、ナベ
 
 
 
==略歴==
 
1948(昭和23年)3月15日、和歌山に生まれる<ref name="SMsprit1984"></ref>。
 
 
 
1960年代頃、大学中退後、アメリカに遊学<ref name="SMsprit1984"></ref>。
 
 
 
1980年代、『さくらんぼ通信』([[ミリオン出版]])の編集長。
 
 
 
1984年(昭和59年)7月、[[SMスピリッツ]]7月号に『[[渡縛人]]の丸の内OL漂縛記』
 
 
 
1985年(昭和60年)12月、[[SMスピリッツ]]12月20日増刊号『[[SM遊戯術]]』で[[渡縛人]]が[[夢の城]]を紹介。
 
 
 
2000年(平成12年)3月、『[[BIZARRE MAGAZINE(日)|Bizarre Magazine]]』 N0.49より『'''[[渡縛人]]のM女kinbakuファイル'''』連載開始。
 
 
 
==エピソード==
 
*某SM雑誌の元編集長W氏と紹介されている。
 
 
 
*『'''赤い縄― 果てるまで ―'''』(日活, 1987)で[[有末剛]]と共に緊縛指導。
 
 
 
*[http://www.oshioki.net/index.html 「おしおきネット」](2001頃〜現在)、「おもらしネット」(2001頃〜2008)に関与。渋谷区恵比寿1-4-2川田ビル5F、グラフィス。松本茂。
 
 
 
*「縄jouyado宿」というメールマガジンを配信していた。
 
 
 
==代表作==
 
===ビデオ===
 
*『美少女SM 聖女色炎』(CABIN, 1985)での緊縛師<ref group="注">男優は[[速水健二]]</ref>。
 
*『美少女SM 哀憐縛情』(CABIN, 1985)での緊縛師
 
*『美少女SM SMドキュメント 哀堵感泣』(CABIN, 1985)での緊縛師。
 
*『美少女SM SMドキュメント 美肉調華』(CABIN, 1985)での緊縛師。
 
*『'''美少女SM SMドキュメント 華艶淑女'''』(CS-004, [[CABIN]], 1985)での緊縛師。
 
*『'''美少女SM SMドキュメント 艶麗乱舞'''』(CS-006, [[CABIN]], 1985)での緊縛師。
 
*『夢どれい』(クリスティーヌ, 1987)(制作:[[賀山茂]]、監督:[[島村雪彦]]、助監督:喜田川隆義、監督助手:窪倉健一、撮影:戸田登、原作・脚本:[[団鬼六]]、緊縛師:[[渡縛人]]、協力、C'et bjen、出演:青木祐子 石原恵 二階堂浩 滝川昌良 降矢舞 水谷マリコ 森川ナナ 奥村ひとみ 松岡愛子 彫友鬼の会)
 
*『夢どれいⅡ ~真夜中の性宴~』(クリスティーヌ, 1987)(製作:サムビデオ、監督:[[東良美季]]、監修:[[団鬼六]]、緊縛師:[[渡縛人]]、出演:水島麗子 、[[速水健二]])
 
*『'''どれい妻'''』(Golden SAMM, 1989)(企画:[[賀山茂]]、制作:石部肇、監督:[[片岡修二]]、撮影:下元哲、原作・脚本:[[団鬼六]]、緊縛師:[[渡縛人]]、出演:[[高樹陽子]] 石井香織 井上美樹 加納妖子 るか 斉藤ちあき 沙也加 [[港雄一]] [[下元史朗]] [[池島ゆたか]] [[日比野達郎]] [[水戸光晴]] [[神野龍太郎]] [[佐藤健二]])
 
 
 
===写真集===
 
*[[石垣章]]『'''[[石原めぐみ]]写真集【夜叉姫】'''』([[ミリオン出版]], 1987)、([[SMスピリッツ]]1987年(昭和62年)4月20日増刊号。緊縛師:[[渡縛人]]、発行人:[[平田明]]、編集人:[[渡縛人|渡辺仁志]])
 
 
 
===雑誌===
 
*『[[S&Mスナイパー]]オリジナルマニア投稿秘縛集大号外Vol.3』([[ミリオン出版]], 1994.10)で「[[渡縛人]]のボンデージウェーブ」
 
*『'''[[投稿三昧]]'''』(ミリオン出版, 1994)
 
*『[[BIZARRE MAGAZINE(日)|Bizarre Magazine]] No. 49』([[司書房]], 2000)で「[[渡縛人]]のM女緊縛ファイル」
 
*『[[BIZARRE MAGAZINE(日)|Bizarre Magazine]] No. 57』([[司書房]], 2001.7)で「[[渡縛人]]の素人M女緊縛ファイル」
 
*『SMDX愛玩隷嬢Vol.6』([[司書房]], 2002)で「縛人出張プレイ調教」
 
*『聖奴緊縛図鑑』([[司書房]], 2004)で「[[渡縛人]]・マゾ妻調教」
 
 
 
==注釈==
 
<references group="注"/>
 
 
 
==お役たちweb==
 
 
 
 
 
 
{{DEFAULTSORT:わたり ばくと}}
 
{{DEFAULTSORT:わたり ばくと}}
 
[[Category:緊縛師]]
 
[[Category:緊縛師]]

2019年11月17日 (日) 17:12時点における最新版

渡縛人Bizarre Magazine』2000年(平成12年)No.51より
渡辺仁志編集によるさくらんぼ通信1986年(昭和61年)10月創刊号

わたり ばくと、1948(昭和23年)3月15日[1][注 1]-

概要

緊縛師。編集者。

別名

Bakuto Watari 渡縛人 渡辺仁志 ナベ

略歴

1948(昭和23年)3月15日、和歌山に生まれる[1]

1960年代頃、大学中退後、アメリカに遊学[1]

1984年(昭和59年)7月、SMスピリッツ7月号に『渡縛人の丸の内OL漂縛記』

1985年(昭和60年)12月、SMスピリッツ12月20日増刊号『SM遊戯術』で渡縛人夢の城を紹介。

1986年(昭和61年)10月1日、『さくらんぼ通信』の創刊編集長。

2000年(平成12年)3月、『Bizarre Magazine』 N0.49より『渡縛人のM女kinbakuファイル』連載開始。

エピソード

  • 某SM雑誌の元編集長W氏と紹介されている。
  • 赤い縄― 果てるまで ―』(日活, 1987)で有末剛と共に緊縛指導。
  • 「おしおきネット」(2001頃〜現在)、「おもらしネット」(2001頃〜2008)に関与。渋谷区恵比寿1-4-2川田ビル5F、グラフィス。松本茂。
  • 「縄jouyado宿」というメールマガジンを配信していた。

代表作

ビデオ

  • 『美少女SM 聖女色炎』(CABIN, 1985)での緊縛師[注 2]
  • 『美少女SM 哀憐縛情』(CABIN, 1985)での緊縛師
  • 『美少女SM SMドキュメント 哀堵感泣』(CABIN, 1985)での緊縛師。
  • 『美少女SM SMドキュメント 美肉調華』(CABIN, 1985)での緊縛師。
  • 美少女SM SMドキュメント 華艶淑女』(CS-004, CABIN, 1985)での緊縛師。
  • 美少女SM SMドキュメント 艶麗乱舞』(CS-006, CABIN, 1985)での緊縛師。
  • 『夢どれい』(クリスティーヌ, 1987)(制作:賀山茂、監督:島村雪彦、助監督:喜田川隆義、監督助手:窪倉健一、撮影:戸田登、原作・脚本:団鬼六、緊縛師:渡縛人、協力、C'et bjen、出演:青木祐子 石原恵 二階堂浩 滝川昌良 降矢舞 水谷マリコ 森川ナナ 奥村ひとみ 松岡愛子 彫友鬼の会)
  • 『夢どれいⅡ ~真夜中の性宴~』(クリスティーヌ, 1987)(製作:サムビデオ、監督:東良美季、監修:団鬼六、緊縛師:渡縛人、出演:水島麗子 、速水健二)
  • どれい妻』(Golden SAMM, 1989)(企画:賀山茂、制作:石部肇、監督:片岡修二、撮影:下元哲、原作・脚本:団鬼六、緊縛師:渡縛人、出演:高樹陽子 石井香織 井上美樹 加納妖子 るか 斉藤ちあき 沙也加 港雄一 下元史朗 池島ゆたか 日比野達郎 水戸光晴 神野龍太郎 佐藤健二)

写真集

雑誌

注釈

  1. 石垣章氏と同い年」という私信(to U)情報もあり、これだと1953年(昭和28年)頃となる。
  2. 男優は速水健二

お役たちweb