「水咲陽子」の版間の差分

提供: SMpedia
移動先:案内検索
(略歴)
(略歴)
 
9行目: 9行目:
 
==略歴==
 
==略歴==
 
1968年(昭和43年)、この頃、[[濡木痴夢男]]が[[青木マリ]]、[[水咲陽子]]の属する、ピンク劇団「劇団・炎」の座付き作者として台本を書いている。いくつかの台本は[[サスペンスマガジン]]に掲載。
 
1968年(昭和43年)、この頃、[[濡木痴夢男]]が[[青木マリ]]、[[水咲陽子]]の属する、ピンク劇団「劇団・炎」の座付き作者として台本を書いている。いくつかの台本は[[サスペンスマガジン]]に掲載。
 +
 +
1968年(昭和43年)11月5日、[[渋谷地球座]]・[[銀座地球座]]にて[[ピンク実演]]『'''ブルーフィルムの女'''』全3景。作:[[団鬼六]]、演出:[[岸信太郎]]、製作:[[ヤマベプロ]]、出演:[[谷ナオミ]]、[[山石映子]]、[[太古八郎]]、[[南浩二]]。[[銀座地球座]]にて[[ピンク実演]]『'''女子学生の肌を狙え'''』全4景。作:[[団鬼六]]、演出:[[岸信太郎]]、製作:[[ヤマベプロ]]、出演:[[水咲陽子]]、[[青木マリ]]、[[坂本昭]]、[[渡辺充雄]]<ref name="saijo20190113">[https://saijo-noboru.blog.ss-blog.jp/archive/20190113 【西条昇のピンク実演芝居コレクション】昭和43年のピンク実演の新聞広告]</ref>。
  
 
==エピソード==
 
==エピソード==

2019年12月2日 (月) 08:16時点における最新版

なまえ、19??年(昭和??年)-

概要

女優。ピンク劇団「劇団・炎」に属し、1960年代後半、ピンク実演をおこなっていた。

別名

english

略歴

1968年(昭和43年)、この頃、濡木痴夢男青木マリ水咲陽子の属する、ピンク劇団「劇団・炎」の座付き作者として台本を書いている。いくつかの台本はサスペンスマガジンに掲載。

1968年(昭和43年)11月5日、渋谷地球座銀座地球座にてピンク実演ブルーフィルムの女』全3景。作:団鬼六、演出:岸信太郎、製作:ヤマベプロ、出演:谷ナオミ山石映子太古八郎南浩二銀座地球座にてピンク実演女子学生の肌を狙え』全4景。作:団鬼六、演出:岸信太郎、製作:ヤマベプロ、出演:水咲陽子青木マリ坂本昭渡辺充雄[1]

エピソード

代表作

日本映画データベース

  • 1968.05._ 女体開花  ワールド
  • 1968.07._ いろごと 秘中の秘  東京芸術  ... 中川雪
  • 1969.05._ 女極道色欲一代  中川プロ
  • 昭和元禄 おいろけ女忠臣蔵』(1969.06, 青年芸術映画協会)(監督:新藤孝衛、脚本:吉浜朗、出演:小島マリ 桂奈美 青木マリ 水咲陽子 尾形紀子 浅見由香 星リナ 桜井リエ 青葉洋子 岡竜弘 港雄一 神原明彦 山本昌平)
  • 1969.09._ 生娘悶絶  大蔵映画

引用文献

注釈


お役たちweb

つながり