「氏家富良」の版間の差分

提供: SMpedia
移動先:案内検索
(略歴)
(代表作)
 
(同じ利用者による、間の2版が非表示)
18行目: 18行目:
 
*不思議な雑誌 1963年(昭和38年)〜1965年(昭和40年)のうち、1964年(昭和39年)5月から終刊まで [[日本文芸社]]
 
*不思議な雑誌 1963年(昭和38年)〜1965年(昭和40年)のうち、1964年(昭和39年)5月から終刊まで [[日本文芸社]]
 
*『ランデヴー(OUT増刊)』1977-1978、みのり書房
 
*『ランデヴー(OUT増刊)』1977-1978、みのり書房
*『性画 禁書大図書館 秘蔵版 ザ・ギャンブラー12月号増刊』栄文社 1983年12月
+
*『'''性画 禁書大図書館 秘蔵版 [[ザ・ギャンブラー]]12月号増刊'''』[[栄文社]] 1983年12月(編集人:[[氏家富良]])
 +
*『'''愛の性愛術 [[ザ・ギャンブラー]]1月号増刊'''』[[栄文社]] 1984年1月(編集人:[[氏家富良]])
 +
 
 
==エピソード==
 
==エピソード==
 
== 引用文献==
 
== 引用文献==

2015年8月25日 (火) 08:28時点における最新版

うじいえ とみよし

概要

編集人。日本文芸社=日本特集出版社。『風俗草紙』『SM奇譚』などの編集人。

別名

略歴

1947年(昭和22年)、日本小説社の『日本小説』創刊号の編集後記に氏家富良の名前が[1]

1953年(昭和28年)7月、『特集雑誌 オール実話』増刊号として『風俗草紙』発刊。喜多玲子の絵、上田青柿郎の文など。夜久勉がからむ[2]

1975年(昭和50年)8月、サン出版から発刊された『SM奇譚』の編集人。

エピソード

代表作

エピソード

引用文献

注釈

お役たちweb

つながり