「桜田伝次郎」の版間の差分

提供: SMpedia
移動先:案内検索
(概要)
(概要)
3行目: 3行目:
  
 
==概要==
 
==概要==
仕掛人。緊縛師。AV監督。1976年(昭和51年)頃、上京してきた[[玉井敬友]]の舞台を手伝うきっかけで[[長田英吉]]を知り、SMショーの魅力を知り、自ら[[GSG企画]]を立ち上げ、[[玉井敬友]]、[[長田英吉]]らの活動とあわせ、1970-80年台の[[SMショーの歴史|SMショー]]ブームを形成する。[[GSG企画]]の西荻窪アトリエ、六本木の[[SAMM]]、大塚の[[マイウェイ]]、中野の[[中野クィーン]]などでSMショーを開催し、やがて[[ストリップ]]劇場でのSMショーのブームへとつなげる。観客として参加していた後の[[明智伝鬼]]は、やがて[[GSG企画]]のSMショーを手伝うようになり、ショーの終了後に緊縛のイベントを行いだした。1985年(昭和60年)に[[桜田伝次郎]]はいったんSMショーから引退するが、[[明智伝鬼]]はその後を引き継ぎ、独自の世界を構築していく。[[明智伝鬼]]の「伝」は[[桜田伝次郎]]から、「鬼」は[[GSG企画]]の役者をしていた[[鬼沢修二]]から由来して命名されている。
+
仕掛人。緊縛師。AV監督。1976年(昭和51年)頃、上京してきた[[玉井敬友]]の舞台を手伝うきっかけで[[長田英吉]]を知り、SMショーの魅力を知る。自ら[[GSG企画]]を立ち上げSMショーを企画。[[玉井敬友]]、[[長田英吉]]らの活動とあわせ、1970-80年台の[[SMショーの歴史|SMショー]]ブームを形成する。[[GSG企画]]の西荻窪アトリエ、六本木の[[SAMM]]、大塚の[[マイウェイ]]、中野の[[中野クィーン]]などでSMショーを開催し、やがて[[ストリップ]]劇場でのSMショーのブームへとつなげる。観客として参加していた後の[[明智伝鬼]]は、やがて[[GSG企画]]のSMショーを手伝うようになり、ショーの終了後に緊縛のイベントを行いだした。1985年(昭和60年)に[[桜田伝次郎]]はいったんSMショーから引退するが、[[明智伝鬼]]はその後を引き継ぎ、独自の世界を構築していく。[[明智伝鬼]]の「伝」は[[桜田伝次郎]]から、「鬼」は[[GSG企画]]の役者をしていた[[鬼沢修二]]から由来して命名されている。
  
 
==別名==
 
==別名==

2014年4月10日 (木) 19:15時点における版

さくらだ でんじろう、1952年(昭和27年)3月-

概要

仕掛人。緊縛師。AV監督。1976年(昭和51年)頃、上京してきた玉井敬友の舞台を手伝うきっかけで長田英吉を知り、SMショーの魅力を知る。自らGSG企画を立ち上げSMショーを企画。玉井敬友長田英吉らの活動とあわせ、1970-80年台のSMショーブームを形成する。GSG企画の西荻窪アトリエ、六本木のSAMM、大塚のマイウェイ、中野の中野クィーンなどでSMショーを開催し、やがてストリップ劇場でのSMショーのブームへとつなげる。観客として参加していた後の明智伝鬼は、やがてGSG企画のSMショーを手伝うようになり、ショーの終了後に緊縛のイベントを行いだした。1985年(昭和60年)に桜田伝次郎はいったんSMショーから引退するが、明智伝鬼はその後を引き継ぎ、独自の世界を構築していく。明智伝鬼の「伝」は桜田伝次郎から、「鬼」はGSG企画の役者をしていた鬼沢修二から由来して命名されている。

別名

Denjiro Sakurada明石雷蔵

略歴

1976年(昭和51年)、それまで大阪で活動していた玉井敬友が上京して劇団「シアタースキャンダル」を設立。六本木のシアタースキャンダルのアトリエでの公演のスタッフとして呼ばれる[注 1][1]

1976年(昭和51年)、玉井敬友シアタースキャンダルの責め師の役として長田英吉に出演依頼。これがきっかけで桜田伝次郎長田英吉を知る[1][2]

1976年(昭和51年)ー1980年(昭和55年)[注 2]桜田伝次郎は独自にSMショーを企画するGSG企画を設立。アトリエを荻窪駅の近く[注 3]とし、ここでGSG企画の最初のSMショーを開催。

1976年(昭和51年)ー1985年(昭和60年)、GSG企画が企画するSMショーが、GSG企画の西荻窪アトリエ、六本木のSAMM(賀山茂の店)、大塚のマイウェイ(本田富朗の店)、中野の中野クィーン(本田富朗の店)で開催される。桜田信村井弦が責め師として出演し、女優は黒川真由美など。鬼沢修二は特に中野クィーンでの「東京SM倶楽部」に関与。[1]

1978年(昭和53年)頃?、GSG企画のSMイベントは会員制をとっており、この会員として後の明智伝鬼が応募してくる[注 4][2][1]

1980頃(昭和55年)?、当初桜田伝次郎は企画のみに専念しており、舞台には出演していない。マイウェイでのイベント『SMボンバー』に出演していた桜田信が急病のため、代理として舞台に上がったのが最初のSMショーの出演。この時、桜田信をもじって桜田伝次郎という名前が誕生した[1]

観客であった明智伝鬼は、次第にショーを手伝うようになり、やがてショーが終わってから、会員の前でモデルを緊縛し、それを後の鬼沢修二が撮影するといった形が定借してくる[注 5]

1983年(昭和58年)3月、新宿南口にシアターPOOを開く。

1985年(昭和60年)、SMショーから引退。この時、それまでのGSG企画のSMイベント会員を明智伝鬼に譲り、明智伝鬼は引き続き独自にSMショーを続けることとなる[1]

1985年(昭和60年)〜2009年(平成21年)まではSMショーはおこなっていない。AV監督やモデルオフィス活動。

2009年(平成21年)12月6日、シアターPOOにて25年ぶりにSMショー[注 6]

2010年(平成22年)、「昭和SMの復活」をスローガンに、シアターPOODX歌舞伎町SM大会などで精力的にショーをおこなう。志摩紫光一鬼のこなどとの二人会。

2011年(平成23年)、シアターPOODX歌舞伎町SM大会などを中心に活動。風見蘭喜神凪などとの二人会。

2012年(平成24年)12月24日、シアターPOOでの『SMファン感謝祭・第二幕』【出演】栗鳥巣内山沙千佳SHIMA Malphas &ルーシー、夜羽エマ荊子桜田伝次郎松本格子戸

2013年(平成25年)7月15日、シアターPOO開場30周年記念特別企画特別企画『SMファン感謝祭』【第1部出演】京はるなSHIMA Malphasルーシー蓬莱かすみ&倖田李梨、シーナ荊子蕾火&ゆき、【第2部出演】若林美保内山沙千佳朱魅(卯月朱美)、夜羽エマ&ice、一鬼のこ&七(十三花)、桜田伝次郎

2013年(平成25年)12月23日、シアターPOOにて『SMファン感謝祭!』【出演】若林美保鳳麗鵺神蓮蓬莱かすみ&倖田李梨、SHIMA Malphasルーシー徳井唯三代目葵マリー&大貫希、栗鳥巣夜羽エマ&ice、結月里奈&杏野ヒナナ、荊子上条早樹&愛子、桜田伝次郎&あおい、松本格子戸

エピソード

代表作

AV

雑誌

参考資料

  1. 1.00 1.01 1.02 1.03 1.04 1.05 1.06 1.07 1.08 1.09 1.10 1.11 1.12 1.13 1.14 桜田伝次郎, 私信 to U, 2014.4.9
  2. 2.0 2.1 桜田伝次郎『ライブショーのM女たち』SMマニア1996年(平成8年)2月号〜7月号。

注釈

  1. 玉井敬友桜田伝次郎共に、どういった経緯で桜田伝次郎が参加したのかについては記憶がない。
  2. GSG企画の正確な発足時期は調査中。玉井敬友が上京した1976年(昭和51年)以降で、GSG企画劇画ブッチャーに紹介される1980年(昭和55年)の間であることは間違いない。 北原童夢明智伝鬼と戦後日本のSM史』in 『変態さんがいく』(別冊宝島編集部, 2000)では「1977年(昭和52年)」設立となっている。
  3. 杉並区西荻南2-19-10
  4. 「ムーンフォトクラブ」という会員制の会員になったことがきっかけで、やがてSM撮影の会の緊縛を担当するようになる。
  5. 桜田伝次郎の私信では、最初はあまり緊縛にこだわりのなかった明智伝鬼だが、このショーの終了後の緊縛イベントが始まり、めきめきと緊縛の腕を上げていったようだとのこと。
  6. 「女王様の毒艶会」の特別出演として。
  7. 桜田伝次郎の記憶では恐らく大塚マイウェイでの撮影。

お役たちweb