「桃園書房」の版間の差分

提供: SMpedia
ナビゲーションに移動検索に移動
(同じ利用者による、間の2版が非表示)
2行目: 2行目:
  
 
==歴史==
 
==歴史==
1948年(昭和23年)、[[唐沢好雄]]により創業。「つりマガジン」「月刊へら」などの釣り関連書籍。子会社が[[三和出版]]と[[司書房]]。[[唐沢俊介]]が後を継ぐ。
+
1948年(昭和23年)、[[唐沢好雄]]により創業。『'''小説倶楽部'''』を1948年(昭和23年)から1968年(昭和43年)まで刊行。「つりマガジン」「月刊へら」などの釣り関連書籍。子会社が[[三和出版]]と[[司書房]]。[[唐沢俊介]]が後を継ぐ。
  
 
1971年(昭和46年)12月、子会社の[[司書房]]が[[SMファン]]創刊。
 
1971年(昭和46年)12月、子会社の[[司書房]]が[[SMファン]]創刊。
22行目: 22行目:
 
==主な出版物==
 
==主な出版物==
 
===雑誌===
 
===雑誌===
*『'''小説倶楽部'''』(1955頃) 須原善平
+
*『'''小説倶楽部'''』(1948-1968) 須原善平
 +
*『'''小説CLUB'''』(1969-)
 +
*『'''小説CLUBロマン'''』
 
*『'''つりMagazine'''』
 
*『'''つりMagazine'''』
 
*『'''月刊へら'''』
 
*『'''月刊へら'''』
 
*『'''問題実話'''』 福田二三男
 
*『'''問題実話'''』 福田二三男
*『'''小説CLUBロマン'''』
 
 
*『実話スーパー』橘川周夫   
 
*『実話スーパー』橘川周夫   
 
*『BLDNDE』福田二三男
 
*『BLDNDE』福田二三男

2020年2月13日 (木) 06:05時点における版

概要

歴史

1948年(昭和23年)、唐沢好雄により創業。『小説倶楽部』を1948年(昭和23年)から1968年(昭和43年)まで刊行。「つりマガジン」「月刊へら」などの釣り関連書籍。子会社が三和出版司書房唐沢俊介が後を継ぐ。

1971年(昭和46年)12月、子会社の司書房SMファン創刊。

1973年(昭和48年)、団鬼六異色小説シリーズ全8巻を刊行。

1977年(昭和52年)、団鬼六決定版 花と蛇』シリーズを刊行開始。

1979年(昭和54年)頃、司書房SMファンの編集人であった平田明が独立してミリオン出版を作る。

1982年(昭和57年)春頃、司書房SMファンの編集人、発行人であった浅田昌弘三和出版に移る。

2006年(平成18年)、代表取締役に石井文彦が就任。千代田区三崎町の本社不動産を売却。

2007年(平成19年)9月、負債総額9億5000万円で倒産。司書房も共に倒産。

所在地

千代田区三崎町2-11-7 トーエンビル 。

主な出版物

雑誌

  • 小説倶楽部』(1948-1968) 須原善平
  • 小説CLUB』(1969-)
  • 小説CLUBロマン
  • つりMagazine
  • 月刊へら
  • 問題実話』 福田二三男
  • 『実話スーパー』橘川周夫   
  • 『BLDNDE』福田二三男

書籍

エピソード

  • 全盛期には21億円の年商。

引用文献

注釈

お役たちweb

つながり