春兜京

提供: SMpedia
2019年7月9日 (火) 09:22時点におけるU (トーク | 投稿記録)による版 (略歴)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
移動先:案内検索
春兜京(1966- )

はるときょう、1966年(昭和41年)-

概要

緊縛師。縛友会二代目主代。

別名

Harutokyou

略歴

明智伝鬼の緊縛ライブプロデュースを手掛ける。

2006年(平成18年)9月16日、縛友会二代目主代を襲名[注 1]

2009年(平成21年)8月、プロレス団体『地下プロレス[注 2]』で緊縛のパフォーマンス。その後も同団体の興行でパフォーマンスを続ける。

2014年(平成26年)8月12日-24日、新宿座での『医療器具展』のディレクション。

2015年(平成27年)6月1日、春兜京プロデュースの『春BAR』がオープン。

2017年(平成29年)2月26日(日)、全日本緊縛博覧会に出典。

2018年(平成30年)11月、春兜京STUDIO会員募集開始。

2019年(令和元年)7月8日、桜田伝次郎プロデュースによる『古式縄塾』の講師。

エピソード

  • 明智伝鬼の緊縛ライブをBar BUGにてプロデュースしたことをきっかけに捕縄、捕縛の研究を始める。
  • 明智伝鬼の追悼式(2005年(平成17年))のプロデュースを手掛ける。
  • 蟲師としてSM誌などに実際の蟲退治の模様を連載。

代表作

ノート

  1. 「儒縛SM Event」にて。縛友会の初代総代は明智伝鬼、初代主代は神浦匠。この会で、神浦匠が二代目総代を襲名。ゲスト緊縛師は狩野千秋長田スティーブ
  2. 2007年(平成19年)から活動する団体。
  3. この作品は第6回北信濃小布施映画祭で入賞に選ばれたSM緊縛ファンタジームービー。2008年1月、群馬県で撮影された。

つながり

神浦匠 明智伝鬼

お役たちweb

古いweb