幸ビル

提供: SMpedia
移動先:案内検索

概要

戦後、文藝春秋社鱒書房日本社などの出版社が入居していたビル。

別名

所在地

東京都千代田区内幸町2-3

歴史

1927年(昭和2年)、竣工[1]

1945年(昭和20年)頃、それまで日比谷ダイビルに入居していた文藝春秋社が、日比谷ダイビルがJHQに接収されたため、幸ビルに移って来た[1]

エピソード

  • 菊池寛文藝春秋社鱒書房は同じ内幸町の幸ビルにあり、菊池寛増永善吉は旧知の仲であった[2]
  • 内幸町の幸ビルは戦火を逃れたビルの1つであった。ここにはビアホールの「ニユートーキヨー」も入っていた。ネット上には「ニユートーキヨー」が鱒書房のスポンサーであったような記述が見受けられるが真偽は定かで無い。
  • 1980年(昭和55年)には内幸町1-3-1に新しい16Fの「幸ビル」が竣工している。

引用文献

注釈

お役たちweb

つながり