「小西真理子」の版間の差分

提供:SMpedia
 
12行目: 12行目:
==エピソード==
==エピソード==
==代表作==
==代表作==
*[[小西真理子]]『'''支配する技術・欲望される支配:SMをめぐるトラウマ研究に向けての試論 '''』臨床哲学ニューズレター 3 118-147 2021年3月  
*[[小西真理子]]『'''[https://ir.library.osaka-u.ac.jp/repo/ouka/all/79259/cpnl_3_118.pdf 支配する技術・欲望される支配:SMをめぐるトラウマ研究に向けての試論]'''』臨床哲学ニューズレター 3 118-147 2021年3月
 
== 引用文献==
== 引用文献==
<references/>
<references/>

2021年9月23日 (木) 17:16時点における最新版

概要

倫理学者。

別名

略歴

2014年(平成26年)3月、立命館大学大学院修了。博士・学術取得。

2021年 (令和3年)4月、大阪大学 文学研究科 准教授。

2021年 (令和3年)8月31日、『フィルカル』 Vol. 6, No. 2 に 河原梓水小西真理子による小特集 『京大・緊縛シンポジウムを考える』が掲載。

2021年(令和3年)10月1日、京都大学での日本倫理学会第72回大会で「〈 応用〉することの倫理――緊縛シンポ、ブルーフィルム、ジェンダー」ワークショップ。登壇者は奥田太郎小西真理子河原梓水佐藤靜吉川孝

エピソード

代表作

引用文献

注釈

お役たちweb