モンド映画

提供: SMpedia
移動先:案内検索
日本の性風俗を多く取り上げているモンド映画Shocking Asiaシリーズのポスター。玉井敬友の1980年のSM劇を紹介している。

もんどえいが。1960-80年代に流行した映画のジャンル名。(偽)ドキュメンタリータッチの映画で世界の奇習・風俗を紹介。日本のSM関連風俗がしばしば題材。

概要

グァルティエロ・ヤコペッティの1962年公開作『世界残酷物語』に由来する映画のジャンル。世界各地の秘境の奇習や大都会の夜の風俗、事故や処刑の瞬間など衝撃映像を、虚実取り混ぜて見世物感覚で構成したドキュメンタリー風映画を指す[1]。『世界残酷物語』の原題が「MONDO CANE」(直訳:犬の世界)であることから由来する[1]。日本の性風俗を取り上げた作品もいくつかあり、当時の状況を伺い知る材料となる。

別名

Mondo film

SM関連モンド映画

個室SM撮影風俗が取り上げられている。
辻村隆による渡部好美谷山久美子の責め。 辻村隆団鬼六 の対談。沼正三のマゾプレイ。
  • セックスドキュメント エロスの女王』(東映, 1973.2.3)(企画:天尾完次 三村敬三、監督:中島貞夫、助監督:依田智臣、撮影:赤塚滋、音楽:荒木一郎、出演:火石利男 ローズ秋山夫妻 稲倉清純)
ローズ秋山夫妻のSMショー。
小牧市の「ちんこ祭り」。目黒エンペラー。裸祭り。刺青彫り。小人プロレス、女子プロレス。秘宝館。
玉井敬友のSM劇。
日本公開版。『Shocking Asia』と『Shocking Asia II The Last Taboos』が混じったような内容。
花真衣の自縛ショー。ノーパン喫茶。赤ちゃんプレイ。
妊婦出演のSMビデオの撮影風景。
どこかのSMバーでのピアッシング実演。ペニスピアスした男性の踊り。

エピソード

引用文献

  1. 1.0 1.1 Wikipediaより

注釈

お役たちweb

つながり