鶴見新世界

提供: SMpedia
ナビゲーションに移動検索に移動

なまえ

概要

別名

鶴見ベッ世界 鶴見べつ世界 鶴見別世界 鶴見新世界 鶴見新世界劇場 鶴見新世界ニューワールド劇場 鶴見ニューワールド 鶴見ニューワールド劇場

所在地

鶴見区佃野町[1]

神奈川県 横浜市 鶴見区 鶴見中央4-33-4[2]

歴史

1962年(昭和37年)4月1日、『鶴見ベッ世界』開館[3][2]

1965年(昭和40年)1月6日、『鶴見ベッ世界』にて港レイ子、三谷エミ、宝マリ、カンナ由美による「黄金ショー」[3]

1973年(昭和48年)6月21日、『鶴見新世界』開館[3]

1973年(昭和48年)10月、『鶴見新世界』開館[2]

1974年(昭和49年)12月31日、『鶴見新世界』で「マナ板ショー・オール天狗レス」[3]

1989年(平成元年)12月1日、『鶴見新世界』を『鶴見ニューワールド劇場』と改称[3][2]

1989年(平成元年)12月1日ー10日、 鶴見ニューワールド劇場にて早乙女宏美と『長田英吉引退興行』[4]

1989年(平成元年)12月、長田英吉鶴見新世界劇場で引退興行。

1990年(平成2年)11月1日、『鶴見新世界ニューワールド劇場』が『鶴見新世界劇場』と改称[3]

1990年(平成2年)12月1日〜10日、 鶴見ニューワールド劇場にて早乙女宏美と『長田英吉引退興行』<[3]

1996年(平成8年)9月1日、ショーアップ大宮鶴見新世界で中日でそれぞれの踊り子をそっくり入れ替えて興行[3]

1997年(平成9年)10月21日〜30日、鶴見新世界にて早乙女宏美 (長田ゼミナール)[3]

1997年(平成9年)11月20日、鶴見新世界閉館[3]

1998年(平成10年)、川上譲治が 新生・鶴見新世界劇場にて、おもしろ企画興行をプロデュース。

エピソード

引用文献

注釈

お役たちweb

つながり

ストリップ ストリップ劇場