飛田良二

提供: SMpedia
2019年11月15日 (金) 07:41時点におけるU (トーク | 投稿記録)による版
移動先:案内検索
飛田良二縛り絵・アイデア集奇譚クラブ1954年(昭和29年)10月号より
飛田良二 奇譚クラブ 1954年(昭和29年)11月号より
飛田良二若妻折檻』 SM奇譚 1980年(昭和55年)6月号より
飛田良二 小説S&Mスナイパー 1980年(昭和55年)5月号より

飛田良二の挿絵。

とびた りょうじ、(生年月日不詳)。1954年(昭和29年)頃奇譚クラブに作品発表した絵師。豊満な成熟女性を乳母車、三輪車に乗せて責めるフェティッシュな絵が特徴。文筆家としても発表。

概要

絵師。文筆家。1954年(昭和29年)頃奇譚クラブに作品発表した絵師。豊満な成熟女性を乳母車、三輪車に乗せて責めるフェティッシュな絵が特徴。1980年代にSM奇譚S&Mスナイパー別冊S&Mスナイパー小説S&Mスナイパーに簡単なカット絵が飛田良二の名前で掲載されている。

別名

Ryoji Tobita、Kozi

略歴

1954年(昭和29年)頃、奇譚クラブに作品発表。

1980年(昭和55年)、SM奇譚6月号、S&Mスナイパー10月号に飛田良二の名前で小さなカット絵が。

1983年(昭和58年)、別冊S&Mスナイパー8月号に飛田良二の名前で小さなカット絵が。

エピソード

  • 乳母車、三輪車などを使ってフェティッシュがイラスト。
  • 喜多玲子滝麗子の伝統的な浮世絵ふうの責め絵とはまたひと味ちがう、新しい緊縛画の世界」「陰惨なムードがまったく感じられない。むしろ明るく、ほほえましい。」[1]

代表作品

引用文献

注釈


お役たちweb