風俗クラブ

提供: SMpedia
移動先: 案内検索
春光社版『風俗クラブ』 1954年(昭和29年)3月号
中央出版社版『風俗クラブ』 発行時期不明
風俗研究社版『風俗クラブ』 1960(59)年(昭和35(34)年)2月号

風俗クラブ』(ふうぞくくらぶ)は1950年代に発行された詳細不明の泡沫雑誌。同名で異なる雑誌が3種類ある。

概要

1954年(昭和29年)に春光社発行されたもの、(おそらく)その少し後に中央出版社から発行されたもの、さらに1960年(昭和35年)頃に風俗研究社から発行されたもの3種がある。中央出版社版は春光社版他の焼き直しと思われる。

発行年・出版社

1954年(昭和29年)3月、春光社(東京都文京区湯島三組町10[注 1])より発刊。5月に2号。少なくとも3号まで続く。

不明時期、中央出版社(東京都下谷局区内)

1959年(昭和34年)か1960年(昭和35年)[注 2]2月、風俗研究社(東京都文京区根津須賀町九)より創刊。

発行人・編集人

春光社版は編集兼発行者、秋房醇

風俗研究社版は不明。

風俗研究社版は山本良夫

春光社版エピソード

  • 定価100円
  • 3月に第1号、5月に第2号が出ている。
  • 第1,2号には古正英生が。第2号には喜多玲子が登場。
  • 第1号、第2号の内容の一部が、風俗双紙創刊号、中央出版社版風俗クラブに転用されている。

風俗研究社版エピソード

  • 高橋鐵が執筆。
  • 風俗クラブ発行不明号の内表紙風俗双紙の発行元である中央出版社の名がある。実際に風俗クラブのこの号がここから出版されたのか、風俗クラブ風俗双紙の一部を流用したのか不明。

風俗研究社版エピソード

引用文献

注釈

  1. 現在の文京区湯島三丁目の「三組坂」あたり。
  2. 奥付が「印刷昭和34年、発行35年」となっており正確な発行年が不明。

お役たちweb

つながり