裏窓

提供: SMpedia
移動先: 案内検索
裏窓 1957年(昭和32年)3月号

うらまど。1956年(昭和31年)に須磨利之を編集人に久保書店から創刊された、奇譚クラブと並ぶ初期SM雑誌。1962年から[濡木痴夢男]が編集人。1965年まで続く。

概要

1956年(昭和31年)1月に久保書店から創刊された『かっぱ』が1956年(昭和31年)10月に改題して誕生した雑誌。1966年(昭和41年)1月号まで発刊された、須磨利之濡木痴夢男などが編集長をつとめたSM雑誌で奇譚クラブと並び戦後のSM文化の形成に重要な役割を果たしたと考えられている雑誌である。終刊後、サスペンスマガジンがその流れを引き継ぎ、さらに1980年(昭和55年)まで続く。編集部には浦戸宏椋陽児がいた。

発行年・出版社

1956年(昭和31年)、久保書店

発行人・編集人

主な出来事

1956年(昭和31年)1月、久保藤吉により『かっぱ』が創刊。表紙は中畑春雄。

1956年(昭和31年)10月、『かっぱ』が『裏窓』と誌名変更し「猟奇犯罪特集号」。編集人は須磨利之。表紙には「かっぱ改題」「快談雑誌」とある。表紙絵は秋吉巒。80円。

1957年(昭和32年)3月号、『妖艶毒婦姦婦特集号

1957年(昭和32年)12月、濡木痴夢男の『青い顔の男』が飯田豊吉のペンネームで掲載。

1960年(昭和35年)10月号、中とじになる。

1961年(昭和36年)、裏窓1962年(昭和37年)1月号から須磨利之の後を継いで飯田豊一(濡木痴夢男)が編集長に[注 1]

1962年(昭和37年)9月、裏窓1962年(昭和37年)8月号が猥雑物とされ雑誌、執筆者のリストなどが警察に押収。濡木痴夢男は警察庁に出頭[1]

1965年(昭和40年)1月号、裏窓終刊。

1965年(昭和40年)2月、サスペンスマガジンが創刊。編集人は飯田豊一

1969年(昭和44年)、須磨利之濡木痴夢男久保書店を去る。サスペンスマガジンも休刊。

別冊・増刊号

  • 耽奇小説
  • 裏窓 臨時増刊『よるもひるも』1957年(昭和32年)
  • 妖奇絵物語特集裏窓1960年(昭和35年)10月増刊号。(表紙:秋吉巒山田彬弘中島喜美歌川大雅など)
  • 耽美芸術写真・絵画・絵物語集裏窓1963年(昭和38年)112月臨時増刊号。吉田久「くさりで美容体操」「あるドラマのヒロイン」、海藤真「稲成神社」、藤見郁「地下室の声なき悲鳴」、「中川彩子妖美画集」、「落合竜二小品傑作集」など。

エピソード

  • 夜久勉日本特集出版社名で『風俗草紙』を刊行するために、『奇譚クラブ』の須磨利之を大阪から招いた。だが『風俗草紙』の仕事だけでは不安定なので、夜久久保の小出版社同士の関係から、久保書店も須磨を編集長として『裏窓』を出すことになる[2]
  • 1956年(昭和31年)に『かっぱ』という誌名で創刊されたが、「カッパの本」の光文社からクレームがつき改名[3]
  • 「中野の編集部近くに挿絵画家の重鎮、木俣清史の邸宅があった。須磨と濡木は挿絵を依頼するためによくうかがった」[4]
  • 1960年代始めの編集者は浦戸宏、滝本喜美。

引用文献

  1. 都築響一珍日本超老伝』( 筑摩書房, 2011.7.8)
  2. 古本夜話10 『マンハント』編集長 中田雅久 
  3. 濡木痴夢男「奇譚クラブ」とその周辺』(河出書房新社, 2006)
  4. 濡木痴夢男『「奇譚クラブ」の絵師たち』(河出書房新社, 2004)

注釈

  1. 『緊縛ナイショ話・61』では1960年となっている。

お役たちweb

つながり

裏窓叢書 耽奇小説 かっぱ