絃映社

提供: SMpedia
移動先:案内検索

概説

ミステリー、オカルト分野でヒット雑誌を出していた出版社だが、1978年にはサンアンドムーンの出版にも関わっていた。

歴史

1975年(昭和50年)、探偵小説専門誌『幻影城』を創刊。島崎博が編集人。発行人は林和子

1976年から武田洋一(武田崇元)を『地球ロマン』の編集長に迎える。

1977年(昭和52年)11月、林和子が『マントピア』創刊。編集人は岩田光夫

1978年(昭和53年)2月25日付けでマントピア増刊2月号としてサンアンドムーンを発刊。発行人浦戸宏、企画日月舎:世田介一

1978年(昭和53年)9月、文京区に移転後に倒産。

所在地

  • 東京都千代田区西神田1-4-13[注 1]
  • 1978年(昭和53年)9月5日、文京区本郷2-16-10西沢ビルに移転。

代表的な雑誌・書籍

  • 幻影城[注 2]、1975年(昭和50年)2月〜1979年(昭和54年)まで
  • 地球ロマン』、1976年(昭和51年)4月創刊(編集:本多義一)。8月の第3号が復刊第1号として武田洋一、伊藤裕夫の共同編集でオカルト路線に。1977年(昭和52年)復刊6号で廃刊したが、1979年には『迷宮』(白馬書房)として再出発。
  • マントピア』、1977年(昭和52年)11月号、岩田光夫
  • サンアンドムーン』、1978年(昭和53年)2月25日

エピソード

  • ロマン派生『沢田多恵の青春彷徨』復刊奇譚クラブ1982年(昭和57年)4月号, p104絃映社とビニ本のことが書かれている。
  • ネットの書き込みでは、武田洋一の出した『地球ロマン』が不調であったため、武田が『HEAVEN』や『少女アリス』などの自販機の製作も始めた、とる。これが上記のロマン派生の話だとすると、『HEAVEN』(1980-)の出版社HEAVEN EXPRESS、群雄社、また『HEAVEN』の前身雑誌である『Xmagagine Jam』(ジャム出版, 1979)やアリス出版とつながりがあったのかもしれない。

引用文献

注釈

  1. エド・プロダクツと同じ住所。
  2. これは、島崎博 が三崎書房社長の林宗宏と知り合ったことがきっかけで創刊された。

お役立ちweb

つながり

林宗宏 心交社 三崎書房 エド・プロダクツ さーくる社