箕田京二

提供: SMpedia
移動先: 案内検索

箕田京二吉田稔奇譚クラブの編集人として用いていた名前。ただし、遅くとも1951年(昭和26年)5月号には須磨利之が挿絵画家の変名として箕田京二(他にも箕田京、箕田京太郎、魁京二)などを使っていたことを考えると、1951年-53年に須磨利之奇譚クラブの絵師・編集人として用いていた名前を、須磨利之が抜けた後も、吉田稔がそのまま用いた可能性もある。あるいはこの時期、編集人箕田京二須磨利之吉田稔の編集者ユニットを表していたのかも知れない[1]

主な出来事

1948年(昭和23年)、5月20日発行の5月号(第7號)には須磨利之の痕跡は見いだせない[2]

1948年(昭和23年)、10月15日発行の通巻9号に須磨利之登場。辻村隆も信土寒郎の名前で登場。

1949年(昭和24年)、奇譚クラブ4月号別冊『第七天國探訪記』に魁京二の変名で挿絵。

1950年(昭和25年)、少なくとも奇譚クラブ7月号(第22集)には喜多玲子須磨としゆき名の作品が多く見られる[2]

1951年(昭和26年)、奇譚クラブ1月号(通巻26号)の早乙女晃『呪われた紅人魚』の挿絵を箕田京の変名で。

1951年(昭和26年)、奇譚クラブ2月号の吉丘垣根『珍談小説 耳掃除異聞』の挿絵を箕田京太郎の変名で。

1951年(昭和26年)、奇譚クラブ3月号の笠置良夫『泥沼に喘ぐ女』の挿絵を箕田京二の変名で。その後、箕田京二の変名に固定された模様。

1951年(昭和26年)、奥付は11月号まで「編集兼発行人:吉田稔

1951年(昭和26年)、奇譚クラブ12月号の奥付が、「発行人:吉田稔、編集人:箕田京二」と変わる。

1951年(昭和26年)、奇譚クラブ1月号から月刊化。

1952年(昭和27年)、奇譚クラブ5月・6月合併号からA5版に変更。

1953年(昭和28年)、奇譚クラブ6月号で『松井籟子女史を囲んで』と題された第二回 読者座談会の記録に「本誌側 司会者=箕田京二高月大三」。同年3月15日、大阪で開かれたとある。

1953年(昭和28年)、奇譚クラブ7月号から須磨利之の作品が多く見られなくなる。人気連載であった松井籟子の『淫火』の挿絵も喜多玲子から栗原伸に変わっている。ただし以降も、奥付は「発行人:吉田稔、編集人:箕田京二」のまま。

トピックス

  • 2008年(平成20年)の夏頃まで、曙書房の住所に相当する場所に「箕田」という家が存在していた[3]

引用文献

  1. 懐かしき奇譚クラブでのesmeとヒヨコのやりとり。
  2. 2.0 2.1 懐かしき奇譚クラブ、esme氏私信 to U。
  3. 昭和なつかし奇譚クラブ分譲写真より

注釈

つながり

カストリ誌時代の『奇譚クラブ』 〜その1〜

カストリ誌時代の『奇譚クラブ』 〜その2〜

奇譚クラブの別冊・増刊号 奇譚クラブの分譲写真 美しき縛しめ 奇譚クラブのモデル達 奇譚クラブの読者座談会 奇譚クラブ カストリ雑誌時代の奇譚クラブ