立花郁子

提供: SMpedia
移動先: 案内検索
立花郁子 奇譚クラブ1952年(昭和27年)8月号より

たちばな いくこ、1934年(昭和9年)? [注 1]

概要

奇譚クラブ曙書房時代のモデル。辻村隆川端多奈子以前に縛ったことがあるモデル。ただし実験的な試みで構成を考えるまでにはいたっていない[1]。緊縛に積極的な女性だが使った写真は少ない、とある。川端多奈子が人気を集め出すと共に、家庭の事情で消えていった[2]

略歴

1951年(昭和26年)6月頃、辻村隆が一度モデル希望ということで面接しているが断わった[2]

1952年(昭和27年)夏、高校を卒業してまもなく、再度モデル志願に来たので採用。奇譚クラブ8月号に出ている[2]

1954年(昭和29年)、辻村隆奇譚クラブ10月号, p274モデル女のまぞひずむ』で紹介。

関連作品

引用文献

  1. 辻村隆緊縛モデルの素顔』1955年(昭和30年)3月号
  2. 2.0 2.1 2.2 辻村隆モデル女のまぞひずむ奇譚クラブ1954年(昭和29年)10月号, p274

注釈

  1. 「1952年(昭和27年)夏に高校を卒業」したことから逆算した。
  2. 右上の胡座を書いている女性と、その一番下の机の上で仰向けになっている女性。さらに次のページの木に縛られている女性。

お役たちweb

つながり

奇譚クラブのモデル達