沼正三

提供: SMpedia
移動先: 案内検索

ぬま しょうぞう、19xx年(昭和xx年)

概要

文筆家。奇譚クラブ1953年(昭和28年)4月号からマゾの立場で執筆をしている。1956年(昭和31年)12月号から1958年(昭和33年)4月号まで連載された『家畜人ヤプー』は三島由紀夫を始め、渋沢龍彦、寺山修司らの評価を受け、奇譚クラブにユニークな評価を与える一要因となった。

代表作

沼正三の正体

沼正三の正体については諸説あるが、確実そうな事項は

  • 康芳夫が事実をかなり正確に把握している筈である。
  • 前半と後半で作風が異なる。
  • 後半には天野哲夫が何らかの形で関与していた可能性が高い。
  • 1970年(昭和45年)、風俗奇譚7月臨時増刊号に嵐山光三郎が『小説・沼正三』を書いている。
  • 1981年(昭和56年)、森下高茂が「諸君」(文藝春秋社)で沼正三が東京高裁判事倉田卓次氏だということを暴露。現在ではこれは誤認識とされている。

エピソード

  • 奇譚クラブ1970年(昭和45年)5月号に「『家畜人ヤプー』公刊さる」。2月10日に都市出版社から。
  • 「平凡パンチ」1970年(昭和45年)2月23日号に「マゾヒスト、沼正三を探せ」
  • 濡木痴夢男氏が、『五十数年前、「いそがしいのはだれでも同じですよ。いそがしいなどと言わないで、『黄色オラミ誕生』の連載をおつづけなさい」と、私に忠告してくれたのは沼正三氏(巷間いわれている沼正三ではなく、本物の沼正三氏)でありました。」と書いている[1]

参考資料

  1. 濡木痴夢男のおしゃべり芝居 第百二十六回

注釈

  1. 1974年(昭和49年)にニトリア書房から、1998年(平成10年)に太田出版から再版。

お役たちweb