梅原北明

提供: SMpedia
移動先: 案内検索

うめはら ほくめい、1899年(明治32年)1月15日-1946年(昭和21年)4月5日。昭和初期のエログロナンセンス文化の仕掛人。

概要

戦前のエログロ文化の推進者。伊藤竹酔と共に文芸市場を創刊。

別名

english、梅原貞康、烏山朝太郎、吾妻大陸

略歴

1946年(昭和21年)4月5日、発疹チブスで永眠。

エピソード

  • 1938年(昭和13年)2月号~11月号にかけて『新青年』へ連載された「特急「亜細亜」」は吉川英治の作品となっているが、実作者は梅原北明らしく、『えろちか』昭和48年新年特大号「梅原北明特集号」所収の「年譜」には梅原北明の作品として紹介されている[1]
  • 陸軍将官の名刺を偽造行使した事が発覚して憲兵に追われた為、昭和13年から昭和15年にかけて家族を残したまま地下に潜る。その頃、吾妻大陸の別名を使用しており、この名前が雑誌に載っている限り、自分は安全だと家族に筆名を利用して通信を送っていた[2]

代表作

書籍

梅原北明研究本

引用文献

  1. 情報提供:黒田氏←末永昭二氏
  2. 情報提供:黒田氏

注釈


お役たちweb

つながり