杉山清詩

提供: SMpedia
移動先: 案内検索

19xx年(昭和xx年)-1999年(平成11年)

活動内容

文筆家。京都の夕刊新聞社「京都中央新聞社」に勤める傍ら、カストリ雑誌時代の奇譚クラブや他のカストリ誌に作品を書いていた。島本春雄の友人であった[1]

別名

覆面作家、杉山清一、杉山清次

エピソード

代表作

  • 共楽』(逢書房, 1947)に『アムステルダムの大魔窟』や『逆光線の魔巷』
  • 実話犯罪』(1948)
  • 杉山清詩パンパンガール殺人事件』(挿絵:紫荘児)奇譚クラブ1948年(昭和23年)第5号
  • 杉山清詩閨房殺人事件奇譚クラブ1948年(昭和23年)第7号
  • 杉山清詩蛇娘奇譚クラブ1951年(昭和26年)10月号
  • 杉山清詩食人ホテルの惨劇』(挿絵は箕田京二)奇譚クラブ1951年(昭和26年)12月号
  • 杉山清詩発狂文学者の研究奇譚クラブ1952年(昭和27年)11月号, p60
  • 『幽霊を抱いていた男』
  • 『爆弾娘』
  • 『伏魔殿殺人事件』

引用文献

  1. 1.0 1.1 美濃村晃縄の交友録第2回 「奇譚クラブ」の初期の人々』 緊美研通信第5号 1990年(平成2年)8月1日
  2. 秋田 昌美、濡木痴夢男、不二 秋夫『日本緊縛写真史 1』 (自由国民社, 1996)


お役たちweb