木村洋子

提供: SMpedia
移動先: 案内検索
ファイル:Filename.jpg
なまえ より

きむら ようこ

概要

奇譚クラブ 天星社時代のモデル。M性が強いモデルとして有名。

略歴

エピソード

  • 山本一章辻村隆との対談で木村洋子について「彼女は真からのM女性」「(木村洋子さんを)フォトでは目隠しと猿轡だけのように見えますが、実際は耳にも綿をつめ、鼻孔にもつめまして、辛うじて呼吸出来得る状態にした」[1]
  • 辻村隆山本一章との対談で木村洋子について「吊りに耐える女性では、彼女が一番」「かつで長田実氏の斡旋で、某氏の別荘の広い庭園で、桐の大木から数人掛かりで、高々と逆吊りにしたのですが、その時の時間の長かったこと」「石垣のかたい岩石の上に正座させて、ブロックを一枚ずつ順次つんでゆきました」「彼女の場合片通話でネ。こちらからは連絡がつかない」「一年に一回、それもきまって天神祭前後なんです。それで私は彼女を”七夕の女”って呼んでいるんですよ」「未だに独身ですよ」「超M型の稀少価値のある女性」と述べている[1]

関連作品

引用文献

  1. 1.0 1.1 辻村隆辻村隆山本一章対談 緊縛モデル秘奥談義』奇譚クラブ1967年(昭和42年)5月号, p26

注釈

お役たちweb

つながり

吉田稔須磨利之辻村隆塚本鉄三杉原虹児伊藤晴雨濡木痴夢男中康弘通沼正三森下高茂団鬼六山岸康二千草忠夫芳野眉美朝野祐喜多玲子滝麗子都築峰子北原純子畔亭数久南村俊平南川和子小妻容子四馬孝春川ナミオ室井亜砂二切腹女斗美ネクタール乗馬ラバー・ゴムスパンキングソドミア鼻責め猿轡蜂胴浣腸六尺ゼンタイ