早川佳克

提供: SMpedia
移動先:案内検索

はやかわ よしかず、1949年(昭和24年)1月20日-

概要

編集者。緊縛師。

別名

、髭の編集長、夢村寛Yoshikazu Hayakawa

略歴

1949年(昭和24年)1月、呉服屋の長男として生まれる[1]

1962年(昭和37年)頃、風俗奇譚を知り、SMに興味をもつ[2]

1967年(昭和42年)頃、専修大学経営学科に入学。しばらくして和光大学に転学[1]

1968年(昭和43年)頃、交際中の女性を初めて縛る[2]

1972年(昭和47年)、大学を卒業[注 1]して三崎書房に入社[注 2]。『セクシカ』『えろちか』の編集を担当。

1973年(昭和48年)3月、『えろちか』 が休刊したため、新しく『幻想と怪奇』の創刊編集長(編集顧問は荒俣宏)となるが、創刊号発刊と共に三崎書房が倒産。2号からは歳月社[注 3]が引き継いでで発行し、早川佳克歳月社に移る。『幻想と怪奇』は1974年(昭和49年)10月の通巻12号まで続くが、早川佳克は通巻11号で歳月社をやめた[2]

1974年(昭和49年)、歳月社時代、荒俣宏鏡明に面白い本だとSMキングを紹介される[1]

1974年(昭和49年)、小悪征夫の紹介で司書房に入社[注 4]。「別冊SMファン」デスクに2年半程。この時の「別冊SMファン」のデスクに須藤将史がおり、親密になる[3]。さらに竹書房の「ギャンブル・パンチ」デスク、「近代麻雀オリジナル」創刊編集長などを歴任。

1978年(昭和53年)、竹書房の「近代麻雀臨増」の編集長[1]

1979年(昭和54年)、「S&Mスナイパー」9月創刊号より夢村寛の名前で『SMモニター』シリーズの連載開始。挿絵は鬼頭暁

1980年(昭和55年)、ミリオン出版に入社。4月の「小説S&Mスナイパー(後に別冊S&Mスナイパー)」創刊編集長となる。「S&Mスナイパー」5月号より編集長。この頃から、「髭の編集長」と呼ばれる。

1982年(昭和57年)、「S&Mスナイパー」6月号で編集長をやめ古本喜彦に交代。

1983年(昭和58年)、「別冊S&Mスナイパー」6月号で編集長をやめ中原冬一朗に交代。

1983年(昭和58年)、ミリオン出版編集局長となる[4]。「S&Mスナイパー」9月号より、「髭の交遊録」「髭の調教教程」連載開始。

1984年(昭和59年)、ミリオン出版を退職してフリー編集者となる。「フランス書院文庫」「トマト・ノベルス」の出版に関わる[注 5]

1991年(平成3年)、「髭のサロン」を開催し、S&Mスナイパーにも「髭のサロン」の連載を開始。編集プロダクション(有)ソーマ設立。

1991年(平成3年)8月1日、『S&Mマニアライフ』(大洋図書)で特集。

1996年(平成8年)8月、早川佳克パソコン通信NIFTY-Serveにパティオ開設[注 6]

1999年(平成11年)、早川佳克インターネットに「髭のサロン」開設(泉屋のサブチャンネル上)。

1999年(平成11年)10月15日、S&Mスナイパーの連載「髭のサロン」の100回を記念して『調教王II』(ミリオンムック88)がワイレア出版から発刊。

2001年(平成13年)10月20日、「mugen on the web」HP開設(泉屋のサブチャンネル上)。

2001年(平成13年)10月25日、六本木にSMラウンジ「Mugen」を開店。

2001年(平成13年)12月5日、「Mugen」にて『縛り方講座』開催。講師は早川佳克

2004年(平成16年)、「Mugen」にて「SMセレブを囲む会」連続開催。ゲストは館淳一明智伝鬼団鬼六など。

2005年(平成17年)9月6日、東京厚生年金会館にて『明智伝鬼追悼式』(発起人:団鬼六高須基仁桜田伝次郎早川佳克)

2006年(平成18年)9月、ソーマ解散。Mugen閉店。

2006年(平成18年)10月3日、女王様スナック「なかむら[注 7]を根拠として「髭のサロン」の活動を再開。

2009年(平成21年)12月25日、「なかむら」の閉店にともない、「髭のサロン」の活動を新宿の新し場所に移す。

2012年(平成24年)12月、「髭のサロン」終了。

2019年(平成31年)1月31日、「髭のサロン」復活

エピソード

  • 蘭光生との公私とものつきあいが長い。
  • 夫人は『奇想天外』の編集。
  • 1980年(昭和55年)発行の月刊誌『FREAK』(セルフ出版)の対談で、「実際にはまだSMプレイはしていないがSM予備軍である」と紹介されている。
  • 早川舞そのとき歴史が鞭打たれた 第7回 SM誌の新世界を切り拓いた男レポ2011年(平成23年) No. 7でインタビュー。
  • パソコン通信インターネットでの発信を活発におこなっている。ITの管理は、『〜』(通称ニョロ)氏が担当していた模様。

代表作

雑誌・書籍

映画

  • D坂の殺人事件』(東京テアトル, 1998)(原作:江戸川乱歩、美術:池谷仙克 前田寿安、音楽:池辺晋一郎、緊縛指導早川佳克、監督:実相寺昭雄、助監督:高橋巌、出演:真田広之 吉行由実他)

参考資料

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 noteより
  2. 2.0 2.1 2.2 Ms. Aによるインタビュー(2010)
  3. 早川佳克流刑されたSM誌フォトスナイパー1988年(昭和63年)4月号
  4. 早川舞そのとき歴史が鞭打たれた 第7回 SM誌の新世界を切り拓いた男レポ2011年(平成23年) No. 7

注釈

  1. 卒業研究はGeorges Batailleを中心としたエロス研究。
  2. 入社時の社長は林宗宏中田雅久も編集長として在籍していた。林は三崎書房の倒産後、『Pジャンク』の発刊などにかかわっていた模様。
  3. 三崎書房の印刷を担当していた。三崎書房の債権者でもあった。
  4. 入社後、当時編集長であった平田明を知る
  5. スナイパー時代に知り合ったSM作家をこれらの文庫本に売り込む。
  6. 実質の運営は『〜』(ニョロ)が担当。
  7. 中村あけみが経営する女王様スナックで、新宿区舟町(四谷三丁目駅近く)に2009年まであった。


お役たちweb

つながり

明智伝鬼 松井健二 蘭光生 鷹木竿主 花真衣