日本特集出版社

提供: SMpedia
移動先: 案内検索

概説

日本文芸社は1948年(昭和23年)4月、夜久勉により設立された出版と卸商を扱う会社。1959年(昭和34年)1月には法人登記。1953年(昭和28年)には日本文芸社として『風俗草紙』などを出していた。

歴史

1948年(昭和23年)4月1日、夜久勉が神田神保町に『日本文芸社』を設立。出版物の発行と卸業(丸一特価書籍)、小売業(日本読書普及会夜久書店)を開始[1]

1953年(昭和28年)7月、氏家富良を編集長に据え日本特集出版社名で『風俗草紙』を創刊。奇譚クラブの編集人であった須磨利之曙書房から引き抜いたとされる[2]

1959年(昭和34年)1月、日本文芸社登記。

1976年(昭和51年)8月、日本文芸社夜久勉が死去。兵頭式郎が社長に[1]

所在地

東京都千代田区神田神保町1-7 (2015頃)

東京都千代田区神田神保町2-34

1954年(昭和29年)初期に千代田区神田猿楽町1-3に移転。

代表的な雑誌・書籍

雑誌

書籍

  • 伊藤晴雨(要確認)拷問私刑秘画集』(日本特集出版社, 1953)
  • 高野三郎『女の話に強くなる本-女体透視術入門-』(日本文芸社, 1964)
  • 柳喬彦『誘惑入門』(日本文芸社, 1973)

エピソード

引用文献

  1. 1.0 1.1 八木敏夫『全国出版卸協同組合三十年の歩み』(全国出版卸協同組合, 1981)
  2. 古本夜話10 『マンハント』編集長 中田雅久 

注釈

お役立ちweb

つながり