室井亜砂二

提供: SMpedia
移動先: 案内検索

むろい あさじ、19ss年(昭和x年) -

概要

絵師。1960年代中頃に読者投稿として奇譚クラブにイラストを発表したのをきっかけにし、終刊までの10年間多くの作品を奇譚クラブに発表。その後、約10年間、SM関係の作品発表が途絶えたが、1980年代中頃から再び活発に創作活動。SMセレクトS&Mスナイパーなどの多くのSM雑誌に作品を発表した。『女犬』のイメージは内外に支持者を多く持つ。

別名

室井亜砂路

略歴

小学生の頃、入院先の病院でたまたま目にした「全裸の武家娘が街道の松の枝から荒縄で吊り下げられている絵」に衝撃[1]

小学5年生の時、肉体の門を愛読。他に谷崎潤一郎や泉鏡花、太宰治の作品を[1]

中学時代に、奇譚クラブ風俗奇譚裏窓と出会う。

1965年(昭和40年)、奇譚クラブに室井亜砂路の名前で作品を発表し始める[注 1]

1970年代中頃から1980年代中頃まで室井亜砂路の名前ではSM作品を発表しなかった。

1980年代中頃、室井亜砂二と名前を変えてSM作品を再び発表し始める。

2004年(平成16年)4月20日〜5月1日、ヴァニラ画廊にて『人畜夢界展

2006年(平成18年)5月22日ー6月3日、ヴァニラ画廊にて室井亜砂二と女犬作家展『女犬幻想

2009年(平成21年)10月、画廊カフェ・百日紅で、個展『残夢の疵痕』

2010年(平成22年)9月、画廊カフェ・百日紅で、個展『悲しい大人の子守唄展』

2011年(平成23年)5月30日~6月11日、ヴァニラ画廊にて『聖徴・異形美展~頌フリークス降臨~』(参加作家:ウエノシゲユキ 河上ヨシタカ クロ 小山哲生 清水真理 田中流 林アサコ 亡月王 ミヤケ千夏 宮西計三 室井亜砂二 与偶)

2011年(平成23年)9月15日ー10月10日、画廊カフェ・百日紅で、個展『あぶらいふ扉絵展』

2013年(平成25年)6月4ー15日、スパンアートギャラリーにて『不可思議な遊戯展』出品:駕籠真太郎トレヴァー・ブラウン林アサコ林良文早見純春川ナミオ村田兼一室井亜砂二山田布由渡邊光也

2014年(平成26年)11月16日、風俗資料館での海明寺裕わらばんしまんが展』の初日座談会:海明寺裕まいなぁぼぉい白井薫範室井亜砂二小杉あや永山薫

エピソード

作品

画集

  • 僕のイメージ画集』(風俗資料館内 あすなろ商会, 1993)
  • 首輪をつけたビーナス』(風俗資料館内 あすなろ商会, 1994)(増補オフセット版再版)
  • 哀犬倶楽部』(大洋図書, 2004.2.29)(発行:小出英二、図案・編集:渡邊安治、沖田英明)。
  • 女犬ノ絵本』(私家版, 200x)
  • 詩画集・悲しい大人の子守唄』(2010)
  • LES BIEN AIMEES D'ASAJI MUROI』(TIMELESS, 2012.12)

執筆作品

引用文献

  1. 1.0 1.1 室井亜砂二 gazette vol.1より(HPより)

注釈

  1. 1975年(昭和50年)の終刊の年まで10年間にわたり作品を発表。

お役たちweb

犬屋哀玩堂