季節風書店

提供: SMpedia
移動先:案内検索
お楽しみグラフ1961年(昭和36年)6月終刊号(季節風書店)

1950-60年代の出版社。榎本一男の編集による「100万人のよる」「世界裸か美画報 」「お楽しみグラフ」など個性の強いサブカル雑誌。摘発も多い。

概説

100万人のよるを出版していた。新風社の子会社として存在していのかも。榎本一男編集の個性の強い雑誌が特徴。

所在地

東京都中央区京橋2-8 第一生命分館

歴史

1956年(昭和31年)4月、『100万人のよる』創刊。発行・編集人:山田貞子

1959年(昭和34年)、榎本一男が『うごく顔』創刊。

1959年(昭和34年)、『世界裸か美画報』創刊[注 1]

1960年(昭和35年)11月、『世界裸か美画報』が摘発[1]

1960年(昭和35年)12月1日、榎本一男が『遊び方読本』創刊。

1961年(昭和36年))、榎本一男が『アベック写真画報』創刊。

1961年(昭和36年)4月、『お楽しみグラフ』が摘発。榎本一男が編集人。創刊号との記述あり[1]

1962年(昭和37年)2月、100万人のよる2月増刊号がわいせつ文書として押収。

1966年(昭和41年)、100万人のよるの発行元が9月号より季節風書店から新風出版社へと変わる。

1967年(昭和42年)頃、季節風書店の「100万人のよる」に関わっていた松尾洋三松尾書房を創業[2][3]

代表的な雑誌・書籍

雑誌

書籍

エピソード

引用文献

  1. 1.0 1.1 城市郎発禁本 明治・大正・昭和・平成 城市郎コレクション』別冊太陽 (1999, 平凡社)
  2. 川本耕次昭和ポルノ史』(2010)より
  3. 川本耕次ポルノ雑誌の昭和史』(筑摩書房, 2011)
  4. 4.0 4.1 川本耕次『昭和ポルノ史 第三章 初期通販本と松尾書房』

注釈

  1. 1.0 1.1 1961年(昭和36年)に『裸か美グラフ』と誌名改題
  2. 1966年(昭和41年)9月号より季節風書店から新風出版社へと発行元が変わる。
  3. 季節風書店新風出版社プレイグラフ社と出版元が変わる

お役立ちweb

つながり

山岸康二